夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

ご主人様とゆく異世界サバイバル! 1

気付いたら異世界の森の中にいた主人公。日本でプレイしていたクラフトゲームと同様の能力が使えることに気付いた主人公は森の中でサバイバル生活を始めたが、突然美人ダークエルフに襲撃され、ダークエルフの奴隷という立場で彼女の村で暮らすことに。だが、奴隷扱いは人間を憎むエルフの村で主人公の身を守るためだということに気付いた主人公は徐々にダークエルフとの仲を深めていって…

というわけで、クラフトゲームの能力で村を救ったり人間関係改善に勤しんだりする話。
クラフト系ゲームってよく知らないんですが、ニュアンスは伝わります。アレですよね、メインの材料の木材さえあればノコギリや釘が無くてもテーブルが出来ちゃうとかいう系のやつ。ゲームなら「そういうもの」で済みますが、現実にそれをされると不条理以外の何物でもないですよね。うん、理不尽。

それにしても、この話って主人公が異世界に来てから一週間の話なんですよね。密度濃いな!一日で達成するイベント多すぎ(笑)
異世界転移ものは数あれど、これだけの短期間でこれだけのイベントをこなした主人公はさすがに少数派なんじゃないでしょうか。能力の検証も人間関係の改善も凄まじい速度で進んでますね。
レベルアップとか新たな機能の追加とかもハイスピードですが、いちいちアナウンスはしてくれず、自分で気付かなければ放置になってしまうという微妙に不親切なチート設計…この「自分で確かめないと出来ることが増えた事実に気付かない」という設定って、上手く使えばクライマックスを盛り上げるのに効果的だと思うんですが、とにかくハイスピードで話が展開するために設定を利用しきれていない様子なのがちょっと惜しかったですね。日数の経過はもう少しゆったり進めても良かったと思うんですが…。




人気ブログランキング参加中!

 

源吉兆庵の 紫陽花

この時期になると「金魚」という羊羹の金魚が泳いでるゼリーを買っている私。今年もそのつもりでお店に行ったんですが、金魚の隣に並んでいたこちらに目を奪われてしまいました。
IMG_4064
源吉兆庵の「紫陽花」
鮮やかな紫が見るからに美しい一品です。これがいわゆる一目惚れ!

パッケージを開けると葡萄の香りがふわっと。これは期待が高まります!
食べてみると、通常のゼリーより少し固めの仕上げのマスカット風味のゼリーでした。ちょっと寒天っぽい食感?中に入ってる、花びらに見立てた四角いコロコロは寒天でした。
この時期らしい爽やかな味わいでなかなか美味しかったです(*^-^*)




人気ブログランキング参加中!

 

穏やか貴族の休暇のすすめ。5

異世界から来た貴族様のマイペース冒険者生活、第5巻。今回は表紙に閑話に書き下ろしに書籍限定特典にと元の世界の事情が多め。陛下のご尊顔がシークレットなのは作者様の希望だそうです。

相変わらずの日常回の今回は迷宮”知恵の塔”をさくっと攻略したり騎士学校で騎士のタマゴ達のプライド叩き折ったり下戸なリゼルさんがうっかり酔っ払って周囲を阿鼻叫喚の渦に叩き込んだり迷宮”懐古の館”で三人の過去の姿を垣間見たりしてます。

騎士学校編では魔法オンリーで戦うリゼルさんの初披露。なにげにパーティメンバーの二人にとっても初見のお姿です。あの人いつも魔銃パンパンやってるだけですからね~。余裕たっぷりで優雅な戦いぶりとその後の忠誠の誓いの一幕が見どころ!いや~、あの神々しいお姿を見せられたら跪きたくなりますって!いつの間にか信者が付いていても不思議はないですよ?
そして今まで謎に包まれていた、リゼルさんが酔っ払うと「真逆」になるという言葉の真実よ…。もうこれ面白すぎです!web版でも大笑いしたけど、書籍版で挿絵が入るとさらに破壊力アップです!特に椅子(笑)
あと今回イチオシの懐古の館編!これはもう…小さい頃のリゼルさんが可愛いやらリゼパパが麗しいやらジルが面白いやらで大変ですよ(嬉) web版からはラストのジルの独白が変わってるのと状況説明がちょっぴり追加。個人的には書籍版の方が好きです。ジルがリゼルさん大切で仕方ないのがよく分かっちゃうよ。ニヨニヨ。

今巻で拠点移動のための準備が整い、いよいよ次巻からはアスタルニア編の始まりです。陽気で能天気な南国で、明るくてノリが良い住人と面白エピソードの数々が待ってます♪ web版で大好きだったアスタルニア編、楽しみです(^^♪

ちなみに書籍書き下ろしと限定特典は元の世界ですが電子書籍特典はいつもの三人です。街角でダラダラ喋ってる三人に様々なゲストが乱入する大笑いな一編。私はこれが一番好きでした!三人の会話が謎すぎて爆笑です!こいつら何でこんなワケわからん話ばっかりしてるのか…!(褒め言葉)

オマケ。今回はコミカライズ版の1巻も同時期発売でして、こちらにも原作者の書き下ろしSSが入っています。いつもスタッドの隣に座ってる冒険者ギルドの職員A視点の小話ですが、予想外のボリュームで読み応えタップリ。こんなに書き下ろし連発して作者様大変だったんじゃ…読者としては嬉しい限りですが!


4巻はコチラ

↓ ↓ こちらはコミカライズ版。中の絵は結構違うけど表紙絵のリゼルさんは書籍版とかなり近い雰囲気です。仕方がないこととはいえエピソードが大量に端折られているのが残念でならない…。




人気ブログランキング参加中!

 
記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
おすすめポイントサイト
「貼るだけ」参加中!
楽天市場
ギャラリー
  • 源吉兆庵の 紫陽花
  • 森永の ミルクキャラメルクリームサンドクッキー
  • 井村屋の クリームチーズカステラ
  • ユーハイムの レモンのアマレッティ
  • ユーハイムの レモンのアマレッティ
  • トーラクの ルビーチョコレートプリン
  • トーラクの ルビーチョコレートプリン
  • きのこの山 超バニラ味
  • ミスターイトウの シュクレット レモン
  • ライブドアブログ