夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

不遇スキルの支援魔導士

幼馴染同士で組んだ特級探索者の一員だったが、支援魔導士の中でもショボい能力しか無い役立たずとしてパーティをクビになってしまった主人公。自暴自棄になって一人で迷宮に飛び込んだ主人公だったが、そこでレベルアップし、”全能力100%アップ”というとんでもない支援能力を手に入れる。迷宮で助けた新人探索者サラと新たにパーティを組んだ主人公は二人でクエストに挑戦する毎日を送っていたが、ある日、元のパーティが依頼に失敗し、幼馴染の一人ミカが迷宮に取り残されたと知って…

というわけで、追放された主人公が最強能力を手に入れる定番話。

元仲間達は同じ村で育った幼馴染だという割に、人間関係がドライな気がしますね。ミカもあんまり好感の持てる子ではないです。一応主人公が追放される時には「主人公は決して無能ではない」と擁護してはいたんですが、他の仲間に「じゃあ一緒にパーティ抜ければ」と言われても、それは拒否なんですよね。そのくせ主人公がいなくなった後はずっと不貞腐れてパーティの空気を悪くしていて、もう一人の女性メンバーじゃないけど「そんなに不満なら何で主人公と一緒に出ていかなかったの」と言いたくなるレベルです。
後に指摘されていたけど、ミカは結局自分だけが大切で”悲劇のヒロイン”気分に浸ってるだけの子ですね。ちっとも魅力的と思えない。
主人公が一番苦しい時期に救ってくれたのは現在パーティ組んでるサラなのに、ミカが好きだと言っちゃう主人公も何かなぁ…。いや幼馴染として楽しい思い出も共有してるし昔から好きだった、というのも理解はするけど…なんだかサラが蔑ろにされすぎていて残念。ミカ救出作戦以降は出番すら無いですからね。サラにはもう少しフォローエピソードが欲しかったところです。

キャラとして魅力的だったのはミカの救出のために臨時パーティを組んだ面々ですね。彼らは凄く気持ちのいい人柄です。あと迷宮オークのアニキ(笑)
森にいるヤツと違って迷宮のオークは温厚で紳士的、って結構斬新な設定です!まぁその理由は最後の方で明かされる、迷宮最深部に隠された秘密に関わるんでしょうが。


元仲間達には変な火種が投下され、主人公の元には迷宮で出会ったバトルジャンキーな魔人が合流してにぎやかに…と、いかにも「続きあります」という空気を出して終了した本作ですが…嫌いなタイプはギルマス、あとミカなんで、彼女たちが今後も幅をきかせてくるのかと思うとちょっとヤな感じです。どうせなら臨時パーティの面々とこの先も一緒に、という流れになってくれた方が好みの展開だったかも…。





人気ランキング参加中!

 

不二家の LOOKビターオレンジ

LOOKという名前が付いてはいるけど通常版とは一線を画す高級感のある方、「果実を味わう」シリーズ。普通のLOOKに比べるとお値段高めなので、気になりつつも手を出していなかったのですが、珍しく安売り対象になったので買ってきました(*^-^*)
IMG_5488
じゃぁん♡ パッケージからして高級感ありますね♡
一粒の大きさも通常版より3倍くらい(イメージ)大きくて、食べ応えたっぷりの個包装スタイルです。
安くなってたのは苺味とビターオレンジ…どちらも食べてみたかったですが、オレンジ×チョコの組み合わせが大好きなのでこちらに。

食べてみると…

おお~…かなり酸味強めのオレンジソースがたっぷりです!
噛んだらじゅわっ!て感じでソースが溢れてきます!これは凄い!「果実を味わう」という名前はダテじゃないって感じですよ!

チョコ本体は、カリっと固いタイプのチョコレートは表面だけで中身はホイップチョコ。
口の中でホロホロっと崩れる感じです。フルーツソースがすぐに広がってチョコと混ざり合うように計算されているのかな。

いや~、これ美味しいわ~…ウットリ♡♡

こうなると、やっぱり苺も食べてみたいですね(*^-^*)





人気ブログランキング参加中!

 

お酒のために乙女ゲー設定をぶち壊した結果、悪役令嬢がチート令嬢になりました

勤務中に毒ガステロ?に巻き込まれ、気付くと大好きな乙女ゲームの悪役令嬢に転生していた主人公。破滅したくないので攻略対象たちには関わらず地味に生きるつもりだったが、彼女が”悪役令嬢”になるきっかけが「裏山に出来た未発見のダンジョンから魔物が溢れ出し、攻略対象である兄以外の家族と多数の領民を喪った」であることを思い出し、ダンジョンを攻略してスタンピードを防ぐことを決意する。前世の記憶が蘇った事をアッサリ見抜いた兄を味方に付け、共にダンジョンに挑むかたわら、ゲームではモブだった推しの獣人青年と仲良くなったり前世知識を駆使して新たなお菓子を作ったり成人後に楽しむために新たなお酒の開発に打ち込んだりしていたら、何故かまだ出会う時期ではないはずの攻略対象たちが続々と登場してきて…

というわけで、前世の記憶のついでにチート魔力にも目覚めた乙女ゲーム世界の悪役令嬢がみんなで幸せになるために頑張る話。最終目標は前世で飲んでいたような美味しいお酒を造ることです。

お酒のために…なんてタイトルに反して酒造りはほぼ進展していませんが、悪役令嬢転生ものとして普通に楽しく読めました。お兄様が魔王様より魔王様(笑) わざわざ”魔王様”と表記して”おにいさま”とルビを振るあたりにセンスを感じます(笑)

前世知識でお菓子革命、とか攻略対象の行動が変化、とかゲームに無関係な人物と良い感じに…、とかは定番なので特に語ることは無いですね。主人公のモチベーションが「破滅回避」より「好みのお酒が飲みたい」に振れているのだけが違いでしょうか。

意外に良いキャラだったのが主人公のお父様。お父様を始めとする冒険者一同でダンジョンに挑んでいる時、魔石欲しさについつい魔物を大量発生させちゃうダメさ加減がなんとも…(笑) 主人公がやるなら「はいはい定番ですね」なんだけど、お父様がやっちゃダメでしょ!挙句に増やす加減を失敗して苦戦する羽目になるとかダメダメでしょ!
ちなみに、やらかしたお父様&冒険者一同は主人公のチート魔法でオシオキされるか魔王様モードのお兄様に説教喰らうまでがワンセットです(笑)

ゲーム設定ではスタンピードの悲惨な経験を経て冷酷男子と悪役令嬢になってしまう兄妹ですが、現在の二人を見ている限りそこは無事に回避されるとしか思えませんね。攻略対象たちが次々に残念男子になっていっている現状については………どうしよう(笑)





人気ランキング参加中!

 

記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
PR
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
PR
楽天市場
ギャラリー
  • 不二家の LOOKビターオレンジ
  • 奇才展に行ってきた
  • 奇才展に行ってきた
  • 奇才展に行ってきた
  • 奇才展に行ってきた
  • 奇才展に行ってきた
  • 奇才展に行ってきた
  • 奇才展に行ってきた
  • ミスドの新作!ティラミスホイップ
  • ライブドアブログ