夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

ど庶民の私、実は転生者でした

庶民の父に似た容姿のせいで元貴族の母から愛情を得られず、家政婦扱いされていた主人公。奨学生の権利を勝ち取ったのに「妹の学費のために働け」と命じた母に長年溜まった怒りが爆発し、家出を決行する。仕事を得やすいのは王都だろう、と旅を始めた主人公はその途上で魔術師ザクと出会い、自分がレアな浄化の力を持っていると知らされて…

というわけで、家族に蔑ろにされた主人公が大切にしてくれる新しい家族を得て幸せになる話。物語の質としては悪くないですが、タイトルが全然中身に合ってないです。このタイトルならもっとサバサバ元気系主人公が破天荒に頑張る話っぽいよね…。

とりあえず、王家の呪いから神話時代の因縁にまで話を広げるには一冊ではキツキツです。どう見ても一冊完結の話なので、もっと不要な部分を削らないと…。
主人公とザクが出会ってすぐの頃の十字島探索エピソードは児童文学のようで楽しかったんですが、ここでのアレコレが後の展開に全く絡んでこないんですよね。火喰い竜の子供をせっかく手懐けたんだから、後の冒険のお供にするなり最後の堕ちた女神との対決に一役買ってもらうなりしてたら盛り上がっただろうし、このエピソードにも意味が持たせられたのに。
逆に魔法師団に入ってから出会った仲間達との描写は物凄くおざなりなんですよね。「すっかり打ち解けたよ」の一言で済まされちゃってますし。そうじゃなくて、それぞれのメンバーとのやりとりを具体的に見せて下さいよって感じ。主人公から見た描写が適当に続くだけで、まるで日記を読まされてるようというか、仲間達が生きた人間という感じがしないんですよ…。終盤の展開に絡まないなら子供の頃のエピソードはごっそり削って、こちらの描写に力を入れた方が良かったと思うのですが。前半と後半の力の入れ具合の差が激しすぎる…。しかも力を入れるべき後半ではなく前半に力が入り過ぎてるせいでラストの展開が淡泊に感じられてしまいます。

あと、閑話の形で主人公の実の家族達(父・兄・妹)のその後が多少フォローされているけど、肝心の母親がちゃんと反省したのかが不明なんですよね。父は後悔してたし兄妹は母の教育が間違っていたことに気付いて反省してたけど、母のその後については触れられていないし、虐げていた娘が聖女と呼ばれるまでになったことにも気付いてないみたいだし、色々と消化不良…。


全体的に、書きたいことを取捨選択することなく全て書いたせいで逆にどの分野も物足りない、という結果を招いた作品としか言いようがないですね。何冊かかけてじっくり書くなら子供時代の楽しいエピソードを存分に語るのも良いのですが、一冊完結なら余計な要素は取っ払ってメインの魔法師団入団後をもっと丁寧に書いて欲しかったです。タイトルで「実は」とか主張するほど転生者設定は仕事してないし、なんか色々と勿体ない作品でした。




人気ブログランキング参加中!

 

千鳥屋の 花川涼

母の用事に付き合って出かけた際、ふと目に留まったのがこちら。
IMG_4090
千鳥屋宗家の「花川涼」
ゼリー菓子かぁ、可愛いな~と思って眺めていたら、お店の人から「それお盆までの限定販売なんですよ」との声が…。

限定!

それは私に「買え」と言っていますね?買っちゃいますよ?
実は和菓子の中でもこの、日持ちのするタイプのゼリー菓子って私にはちょっと甘すぎて、他のジャンルのお菓子ほど好きではないんですけど、デザインの可愛さと「限定」の一言の魔法には逆らえない…(笑)

まあ思った通り甘かったわけですけども、私の好きな金平糖も入っていたし、あと、下の方に見えているお花のついた赤と緑のタイプのお菓子がですね。卵白の寒天をゼリーで包んだような感じの仕立てになっていて、あまり甘すぎなくて美味しかったんですよ♡
結論として、買って良かったかな、と。
ご馳走さまでした!



人気ブログランキング参加中!

 

異世界転移、地雷付き。2

チート無しで堅実に異世界生活する話、第2巻。
今回は合流を目指していたクラスメイト二人を無事発見し、彼女たちを含めた生活環境を整えるのに終始していた印象です。一応、新たな商売の芽が出たり家を買う検討をしたりはしてたけど、特に進展も展開もしませんでしたね。正直、この巻を読まずに次の巻を読んだとしても一切差し障りが無いだろうと思えるレベルで何も進んでいません。この巻で読者に見切りを付けられてしまっても文句は言えないだろうな…。

タイトルの「地雷」にしても、キャラメイクに仕掛けられていた地雷スキルを嬉々として取得するような危険思想持ちは現時点で淘汰済みっぽいし、もはや地雷がどうこう…、という展開は無さそうな感じが。この先は様々な形での「地雷」を次々に提示しながら世界を広げられるのか、はたまた地雷とか忘れた普通の異世界転移ものとして埋没していくのか…次が試金石になりそうかな。
というか、この巻に次への期待感とか引きとかが仕掛けられていなかったから、そもそも次巻を読んでもらえるかどうか、ということ自体が賭けになるのかも…(苦笑)


1巻はコチラ



人気ブログランキング参加中!
 


記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
おすすめポイントサイト
「貼るだけ」参加中!
楽天市場
ギャラリー
  • 北海道土産、頂きました
  • 横尾忠則美術館に行ってきた
  • 横尾忠則美術館に行ってきた
  • 横尾忠則美術館に行ってきた
  • 横尾忠則美術館に行ってきた
  • 横尾忠則美術館に行ってきた
  • 千鳥屋の 葛どうふ
  • gramの平日限定バーガーが結構すごかった
  • ミスド DE 堂島ロール!
  • ライブドアブログ