夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

化学で捗る魔術開発2

主人公がチートすぎない知識チート系の話、第2巻。魔術学院での学生生活がスタート!…したと思ったら即行卒業です。早いな!

高速馬車事業に乗り出し商会として動き始める今回。もはや「科学」とか「魔術」とかいうより新事業に手を出す若手ベンチャー企業ものの趣ですよ。まだ子供だけど。こども社長…(古い)

前巻から思っていたけど、主人公は印象として「地味」ですよね。相変わらずチート担当は双子の弟と幼馴染に持っていかれてるし、華々しい見せ場があるのもどちらかといえば彼らの方。まあ「見る目がある人には分かります」という感じで周囲からはめちゃくちゃ尊敬されてますけど。

基本的に悪辣な人間が登場しない温かい人間関係は今回も健在で、主人公に恋しているらしき女性陣もちらほら登場してきています。ただ主人公自身が事業の成功に注力しすぎているせいか全く発展しそうにないですね。というか忙しそうな主人公に遠慮して勝手に一歩引いちゃって積極的なアプローチをしてこない…。まあ年齢的には一応まだ子供なので、その辺りは今後に期待ということで…。

転生の説明とか、凄い知識や発想を披露して周囲に持ち上げられる定番イベントは前巻で終了してるし、穏やかながら堅実に話を進めているという感じではあるけど、裏を返せば起伏に乏しい地味な話ということでもあるので、そろそろ華々しい展開が来ないと飽きてストップする人が出てきそうになってきました。
少なくとも、主人公の派手な活躍を楽しみたいタイプの人には相いれない話になりつつありますね。
この作品はこの先どう言う方面に進んでいきたいのかな…。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

化学で捗る魔術開発(2) (Mノベルス) [ 瓜生久一 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/9/4時点)



1巻はコチラ



人気ランキング参加中!

 

浮世絵ねこの世界展 に行ってきた

大阪歴史博物館に「浮世絵ねこの世界」展を観に行って来ました(^^♪
IMG_4210
ここ行くの久しぶりすぎて、地下鉄駅への行き方をすっかり忘れてまして、大阪地下街で翻弄されてしまいました(^_^;) さすが別名オオサカダンジョン、慣れた場所以外に行くのは大変です(笑)
地下鉄に乗ってしまえば出口と博物館入口はほぼ直結なので楽なんですけどね!
ちなみに地下鉄「谷町四丁目」の出口は2番と9番どちらからでも行けて、谷町線に乗った場合は博物館は2番出口、と案内が出ているのですが、駅内をぐるーっと歩いて9番から出る方がおススメです。目の前が博物館なので。
IMG_4206
最近の展覧会ではすっかりおなじみ、入り口前のフォトスポット。なんか可愛い。

この展覧会、すごく楽しかったです!
「浮世絵で猫」といえば国芳! というわけで国芳作品が多数。漫画「猫絵十兵衛」シリーズでもお馴染みの「鼠除け猫絵」の実物もありますよ!詞書に「これを貼れば鼠は恐れをなしてたちどころに逃げるだろう」とか書いてありますよ(笑)

ねこ系の展覧会は結構観ているし国芳展にも行ったりしてるので見たことある作品もちょこちょこありましたが、国芳作品って全般に絵に添えられている詞書が読みやすいんですよね。今回は人出が少なくてゆったり鑑賞できたので、いい機会なので詞書もじっくり読んでみました。うなれ、大学時代の国文学知識!

…一応、中世国文学専攻だったので、あの独特の崩し字とか万葉仮名の読み方も習ったのですよ。大部分忘れましたが!

読めた範囲では、和歌とかも意味が分かるとクスッとできるものが添えられていたりシャレが効かせてあったり、あと画題の背景が詳細に書かれていたりしてて面白かったです。こういうのは平日ならではの楽しみですかね~。多分休日だとここまでかぶりつきで長々と見ていることはできないかと…。


IMG_4213
折角なのでお土産も猫にちなんだものにしてみました。ミュージアムショップで招き猫のチョコ菓子と猫の栞。ええ、また栞ですよ?栞スキーですからね、こんな可愛いデザイン見かけたらそりゃ買いますよ!
チョコの方は袋の絵が猫というだけで中身は白無地のコーティングの単なるチョコなんですが…なんかこの小ささが絶妙すぎて食べる手が止まりません!危険なお菓子だった…(笑)

ランチは大阪ということでタコ焼きにしたので写真はなし。代わりにといってはなんですが、おやつはヴィタメールでちょっと贅沢に(*^-^*)
IMG_4211
温かいチョコソースをかけて頂くバニラアイス(^^♪
もちろんヴィタメールのチョコですから!ソースはタップリ、余すことなくかけさせて頂きましたとも!焼き菓子にもしっかり絡めましたよ!美味しかった~!満足♡




人気ブログランキング参加中!

 

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん2

、ゲーム世界と現代日本の二世界構成で綴られる悪役令嬢破滅回避もの、「最高を越える最高のハッピーエンド」を目指す完結巻。リゼたん可愛い!

今回最大のヤマ場はゲーム最大のバトルイベント、人死に必至の「古の魔女」戦。遠藤くんの「ゲームといえばそれまでだけど、国の存亡にかかわるような事態なのに何で子供だけで対処してんの?むしろ騎士とかが出張ってくるのが当然の案件じゃないの?」という鶴の一声で、ゲーム最強メンバー プラス国家戦力という最強布陣で臨むことになりました。遠藤くんファインプレーですね。というか、言われてみれば確かに!子供だけで世界の滅亡の危機を何とかしようっていう方が不自然ですよね。「ここはゲーム世界だから」という前提があるとなかなか思いつかない発想かもです。ゲームだと当たり前のように少人数で世界の危機と戦うから…(^_^;)
とはいえバトルそのものは非常にションボリな結末を迎えるわけですが(笑) まさかの不戦勝とか(笑) まあ、あれだ…恋する乙女は最強なんですね、ハイハイ(生温かい目)という感じですね。いや、もう…切り札として満を持しての登場だった某先生には「なんかすみません」としか言いようのないブッ飛び展開でしたね…(爆笑)

女神の復活により、前巻で思わせぶりに登場した「神ルート」の神様の正体が判明したり遠藤くんと小林さんが突然ゲーム世界に干渉できるようになった理由が判明したり世界の秘密が明かされたり「こちらの世界」で黒幕とやりあったりと、色々バタバタと片付きましたが、最終的には八方丸く収まってそれぞれが好きな相手とのハッピーエンドを迎えられたし、リゼたんの可愛い姿は満載だったし、ついでに小林さんの可愛い姿も満載だったしで、満足感の高い一冊でした。楽しかったです!


1巻はコチラ




人気ランキング参加中!

 

記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
おすすめポイントサイト
「貼るだけ」参加中!
楽天市場
ギャラリー
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ライブドアブログ