神様謹製のスマホを持って異世界を冒険しちゃおうというコンセプトが面白い…面白かった(過去形)本作ですが。
なんかもうダメだなぁ。 紹介編の1巻、本格始動の2巻と面白くなっていっていたのですが、今回は…「次はイーシェンですよ」と予告もされていたことだし、日本に似た謎の国イーシェンであれこれ繰り広げられるものだと思っていたら、前半1/3くらいでアッサリ終了。「合戦だ!大変だ!」と駆け付けた割に、主人公の魔法一発で終わりです。他の人物(八重さんとか)いらないじゃん…。正直主人公が強くなりすぎてパワーバランス崩れてる感じです。主人公をここまで何でもアリにするなら敵方ももう少し歯応えないとつまらない。
vs玄武の無限スリップ地獄とかは面白かったんですが、イーシェンの合戦が即終了した後は水着回、のちガチでハーレム形成ですか…。この展開は、好きな人と受け付けない人にパッキリ分かれそう。私は受け付けない方ですね。女性視点で見れば「こんな都合のいい考えの女の子ばっかりっておかしいだろ」と思ってしまいますよ。 ハーレム系は主人公が気付いてくれなくて周囲がヤキモキ・ドタバタしてるタイプの方がまだ共感できるので…。

異世界はスマートフォンとともに。(3) [ 冬原パトラ ]
異世界はスマートフォンとともに。(3) [ 冬原パトラ ]