わがまま放題の公爵令嬢に自称「天使」が取り憑いた!? 「天使」の予言通り婚約者に婚約破棄されたリリアは「このままだと自分は処刑、家族は没落」と聞かされて、彼女の助言に従い破滅回避のために性格改善に取り組んでいくが…

というわけで系統としては乙女ゲームの悪役令嬢の話かなぁと思うのですが、自称天使の日本人さくらにとってこの世界がゲームなのか物語なのか他の何かなのか…その辺りはまだぼかされています。
リリアはなんだかんだで努力家だし、いい感じに成長していけていると思います。元婚約者の王子についてはあまりの馬鹿さ加減に愛想が尽きているので、彼絡みで破滅する可能性は低そうですが…。さくらの目的が善意というわけではなさそうというか、何か黒いことを企んでいそうなのがちょっと気になるところ。
取り憑かれた公爵令嬢(1) [ 龍翠 ]

取り憑かれた公爵令嬢(1) [ 龍翠 ]
価格:1,296円(税込、送料込)


2巻はコチラ