「剣士」等のジョブ持ちは優遇されるが人口の9割が「村人」であり転職には莫大な費用がかかってしまう世界。主人公は「実験用」としてこの世界に召喚された挙句ポイされたが、実は他人を「転職」させるジョブチェンジの能力を持っていて…

というわけで、異世界転移ものとしては少々変わり種の能力がきました。主人公の持つ能力は誰でも何にでも転職させられるわけではなく、本人に資質がなければ転職できないし、転職も望む職業になるとは限らない…と、この手の作品としては制約が強めで面白いです。本人にも一応「奥の手」はあるけど、有効時間はたったの10秒と短いので、使いどころに知恵を絞っているのも良いですね。 
この巻では実際に転職の神殿を開くところまではいっておらず、神殿を開くための前準備として神学校に入る所までですが、この学校生活も波瀾万丈になりそうで先が楽しみです。

転職の神殿を開きました(1) [ 土鍋 ]
価格:709円(税込、送料無料)


2巻はコチラ