新米神さま奮闘記、完結です。
今回は先代さまの住む場所で百目鬼が出現。残り僅かな時間しかない先代さまを心安らかに送るため、今代千鳥一行が奮戦します。そして現代っ子・帯刀の影響で「普通」に固執しなくてもありのままの自分でいいのだ、と思えるようになってきた今代千鳥にはある変化が…

というわけで、千鳥の正体とかシロさんの真実とか、完結巻らしく色々明かされています。
今回はVS百目鬼の総力戦がアツい!あと「鬼の子だろうが本物の神様だろうが胡散臭いことに変わりない」と言い切っちゃう帯刀君がナイスですね。クールな事言うくせに、ご隠居に懐きまくりな所も相変わらずで微笑ましいです。
そしてラストの「未来の約束」のシーンがとても好きです。一抹の寂しさを滲ませつつも、未来の希望を感じさせる楽しく幸せなエンディングでした。 
好きなシリーズだったのでもう少し続きも読んでみたかったけど、キリの良い所で美しく閉じてくれたと思います。良い作品でした!

 
2巻はコチラ