引きこもりニートでゲーマーの主人公は、親の命令で、金を稼ぐためゲーム会社の最新VR機器の被験者となる。極めたRPGの世界で新しい機械を試すだけだと思っていたのに、実はこのゲームはログアウト不可、NPCは意思を持つ普通の人間になっており、しかもゲーム世界で死ぬと本物の肉体も死ぬという、一種の異世界になっていた…

というわけで、ゲーム世界に入っちゃった系の主人公最強もの。
メイン職業のハンター職よりサブ職業の建築士の方が有用だったり、建築士の方ばっかりレベルがガンガン上がったりする所は特色といえますが、あとはまあ良くも悪くもよくある話。テンポが良くてサクサク読めるけど、後に残る物はそんなにないかな、という感じでした。「この世界で死ぬとリアルでも死ぬ」と説明で聞いた時は動じてなかったのに、実際に戦争を経験したことで死の恐怖を抱くようになる、という流れはそれなりに良かったかも。