帝国側に問題ありすぎなキャラ続々登場、しかも主人公を陥れようとしているらしい勢力には転生者の陰が…!?というわけで、ゲームの悪役転生改め、時代劇風世直しファンタジーの道を進み始めているとしか思えない第3巻。
もはや透明人間、関係ねぇ…!主人公側に優秀すぎる腹心たちが揃っていっている上、スライムが有能なもんで、透明化能力が必要な場面すら無い感じですよ? 一応今回も透明人間にはなっているけど、相手側が透明化を見破るアイテムを揃え始めたので、優位性が減ってます。透明人間が役に立ちそうな証拠集めとか潜入捜査はお庭番が受け持つようになっちゃいましたしね…。もう主人公ただのスライムライダーでいいんじゃない?

勿体ぶって登場したのに意表を突いてあっさり退場してしまった転生者にはびっくりでした(笑) え、本当にそれで終わっちゃったの?というね…。
ゲーム続編の主人公達(推定)も登場して、さて今後はどうなっていくのでしょうか…?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異世界で透明人間(3) [ 木田かたつむり ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/23時点)


2巻はコチラ
4巻はコチラ