若者限定のはずの異世界召喚に、何故か勇者の一人として選ばれてしまった主人公(42)。転移特典として用意された3つのスキルの選択で「超越者」「全魔法創造」そして「一回限りの使い捨て必殺技」という激レアスキルを引き当てた主人公だったが、転移後5分でボス級モンスターに喰われてしまう。やむなく必殺技のスキルを使用して窮地を脱出し、とんでもなくレベルアップした主人公だったが、今度は上がった身体能力を扱いきれず振り回されてばかり。勇者として活動するためにも、まずは「うっかり人を殺さないように」と手加減の訓練をすることにした主人公だったが…

というわけで、最強スキルを宝の持ち腐れにしている主人公の異世界ライフ。
マイペース…というより不器用なだけというか不用心というか。とりあえず危機感さん仕事しようか(笑)
突然特別な力を貰ったら使いこなせなくて当たり前…と思ったら、普通はすぐに使えるようになるものらしいです(神様談)つまりこの主人公が特別残念仕様だと。手加減の訓練頑張って下さい(笑)ラストのオマケ編では、主人公のあまりの「使えなさ」にスキルが自我を持ってしまい、自発的にサポートしようとする域に至っちゃってますよ?スキルさんご苦労様です(笑)

そして、主人公と行動を共にする仲間になるのは妖精とおっさんですが…「おっさんがおっさんをお姫様抱っこする」などという誰も見たくない場面が展開されちゃってます(笑)なにこの斜め上展開ww
果たしてこの主人公がきちんと勇者活動できる日は来るのでしょうか~。


2巻はコチラ