勇者パーティの一員として魔王を討伐した主人公。だが、その際にひざに矢を受けてしまい、満足に戦えない体になってしまった。隠居して静養したかったが、有名になり過ぎたせいで周囲がそうさせてくれないため、衛兵募集の依頼を請ける形でこっそりド田舎に行くことに。首尾よく自分を知らない辺境村に来た主人公は、これからは温泉療養をしながらスローライフ…と思っていたのに、魔狼が出たり魔王四天王の生き残りが現れたりと、何かと騒動が続いて…

というわけで、辺境でのんびりスローライフするつもりだったのに、大忙しで全然スローライフできない話。

う~ん、可もなく不可もなし。題材としては悪くないんですが。
この主人公の場合、最強と呼ばれた能力は健在で足が悪いだけなので、機動力さえ確保できれば普通に強い人で戦闘も危なげないです。ちなみに魔王の四天王は五人いるのが当たり前だそうです(笑)この魔族の子は定番のおバカだけど結構可愛い所かあって憎めない感じですね。巨大化させた牛に対する愛とか(笑)
後半ではかつての仲間である勇者パーティ(全員女の子)がガンガン絡んできてハーレム展開っぽい感じを演出してますが、このパーティはありきたりすぎて、あんまり興味持てません。勇者ちゃんは可愛いと思うかウザイと思うか評価が分かれそうな子ですね。私はウザイと思う派です。
総じてありがちな展開で、悪くはないけど飛び抜けて魅力的なところも無いです。強いて言えば四天王の五人目の魔族っ子が可愛いくらいか。

現時点で既に2巻が出てるんですけど、続きを読まなきゃ!というほどの魅力は正直感じないかなぁ。