最新VRゲームに入れ込み過ぎて命を落とした主人公。その生き様を気に入ったという遊戯の神によって異世界転生を打診された主人公は「大好きなゲームの能力をそのまま使える」という誘い文句に二つ返事で承諾したが、実際転生してみればその「ゲーム」とは現在プレイしていたゲームではなく、昔熱中していたカードゲームの能力のことだった。制約だらけのカード能力だったが、神が用意してくれた助手役の獣人少女の助けを借りて、いくつもの神の試練をこなすことでカードや魔力の補充をしながらなんとか異世界生活をスタートするが…

というわけで、TCGの能力を使って異世界生活を頑張る話。TCGはやったことがないのでちょっとイメージが湧きにくいんですが、物語としては結構面白かったです。とりあえず…
元騎士の爺様、カッコいい!!

この世界、主人公の与り知らぬところで危機を迎えているようで、複数の神が各自転生者を選んで送り込んでいます。物語のスタート当初は「他の神々が選んだ転生者との遭遇もあるのかな」とか思ってたんですが、早々に全滅しちゃいましたね(苦笑)結局彼らは神々の幕間で噂話に聞いただけで終了かぁ。まあ、この神々、結構考え方が選民思想というか、主人公のことを無能だなんだと見下して散々馬鹿にしてたのでザマァって感じです!これに関しては愉快犯な遊戯の神の言ってる事の方が一理ありますね。そりゃ、突然知識だ力だって与えられても、それだけで上手くはいきませんよ。遊戯の神の言う所の「異世界生活に心構えが出来ているラノベやゲーム好きなオタク」でもないと(笑)


さて地道に頑張っている主人公サイドでは、ひたすら大自然でサバイバルの後、とりあえず人間には出会ったけど人里にはまだ行けてません。次は老騎士の呪いを解くミッションに突入すると思うから、多分その後でないと人里には向かいませんよね。引き続き大自然でサバイバルになりそうですよね。異世界文明に触れる日はいつになるのやら(笑)


2巻はコチラ



人気ランキング参加中!