人間のフリして下界にいた神様を事故から助けたせいで死んでしまった主人公。神様からお礼にとチート能力を付与されて異世界転生…したはずが、神様のうっかりミスで元の世界で生き返ってしまった!せめてものお詫びにと、死の事実を無かったことに改変し、異世界で使えるはずだったチート能力もそのまま使えることになった主人公だったが、元の世界では超常能力なんて使う機会が無い。…と思ったら、意外にも現代世界でも陰陽術士や異能者が陰で色々繰り広げていて…

というわけで、神様のウッカリのせいで現代世界で最強チートを使うことになってしまった主人公の無自覚最強もの。神様、どこまでもウッカリです(笑)
もともとは異世界で使うハズだった神様謹製の能力だけあって、主人公の規格外っぷりに裏で蠢く勢力の皆さんは阿鼻叫喚の大騒ぎです。でも主人公の周囲だけは妙に穏やか。この温度差はなかなか面白いです。あと主人公の式神たちがみんなそれぞれに妙に可愛い。主人公が創っただけあって式神たちも異様にハイスペックなんですけど、主人公だけがイマイチ気付いてないところがなんとも良い味出してます。
前半が陰陽師バトル、後半が異能者バトルで、基本的にはエピソードごとに一応の完結を迎える連作タイプの作品になるみたいですね。異能者サイドが振り回されてる「意識の書き換え」は…、アレ主人公の能力じゃなくてマジモンの神様が自分のウッカリを無かったことにするためにやったことですから…。そんなことで主人公に対して脅威を感じられても的外れなのに、そうとは知らず右往左往している異能者の皆さんがある意味一番気の毒かも(笑)


2巻はコチラ



人気ランキング参加中!