ゲームにログインした瞬間、千人の見知らぬ人々もろとも異世界に連れて行かれてしまった主人公。条件を満たしたら十人だけ元の世界に戻れると聞かされるが、元の世界にあまり未練のない主人公は早々に異世界で商人として過ごすと決め、商売に便利そうな「通信販売」のスキルを手に入れて異世界生活を始めるが…

というわけで、攻略記と言いつつ商売しかしてない話。
条件満たしたら帰れるって言われてるけど、この世界の金髪管理者さんの性格的に条件とやらはロクでもないものなんじゃないかな~という感じが漂ってます。主人公は戻る可能性とか考えもせずに異世界で生きることを決めて、名前もこの世界風にしてスキル構成も商売に使えそうな物ばかり選んでたけど、正解でしょうね。あと、チュートリアルのために与えられたナビゲーターを永続的に自分の物にした判断は多分英断です。こういう世界では知識がモノを言いそう…。

終盤は偶然とはいえダンジョンに踏み込んだりと、ちょっとバトルな展開になってましたが、この先バトルメインにシフトしていくつもりなんでしょうか?この主人公には商売メインの展開の方が向いていそうなんですけどね。


2巻はコチラ


人気ブログランキング参加中!