TCGの能力を使って異世界生活を頑張る話、第2巻。とりあえず一言。
引き続き爺様がカッコイイ!!

さて今回は盗賊退治して爺様の呪いを解こう!がメイン…かと思いきや、もう一人の転生者とのバトルがメインになりました。いや盗賊退治の一環ではあるんですけども!
え、主人公以外の転生者は前巻で全滅したはずではないかって?そうです。彼はその後新たに選出された転生者です。なんというか、人として最底辺を極めている彼ですが、主人公を転生させた遊戯の神が能力を与えたみたいで、また随分この神らしくない人選…?と思っていたら選んだのは知識の神だったようです。内実はラストで明かされますが、もうあんた知識とか名乗るのやめなよって言いたくなるレベルのへっぽこ神ですね。笑えるレベルのへっぽこなら可愛いけど、この神が選んだ彼のやらかしたことはただの大量虐殺だから!しかも知識の神が余計な介入をしたせいでこんな性格に成り果ててたみたいだし、タチ悪いとしか言いようがないです。今回の失態で世界救済レースから完全に脱落してくれたみたいで良かったですよ…。

主人公サイドは色々乗り越えて仲間との絆も一段強くなった感じ。しかし今回でもまだ人里に辿り着かないとは思いませんでした。てっきり盗賊退治を前半で片付けて、後半は人里で新展開を迎えるものだと…!まあ片付かなかったのは某転生者の悪行三昧のせいですけども。ともあれようやく爺様を自由の身にできたことだし、今度こそ人里デビューですかね。

そういえば盗賊唯一の生き残りとなった彼の処遇はどうするんだろう…?とりあえず現時点では主人公サイド全員彼の存在を忘れてるっぽいんですが(笑) 彼はなんとなく憎めないし、境遇も充分情状酌量の余地ありだと思うので…次回以降仲間入りフラグ…かな?


1巻はコチラ
3巻はコチラ



人気ランキング参加中!