一年で一番昼間が長い日、夏至。固定の日付ではなく年によって変わる夏至、今年は22日でした。ちなみに来年、2020年から夏至算出の計算式が変わり、2055年までは6月21日が夏至になるそうです。
まだまだ夏はこれからなのに、今日を境に日が短くなっていくのかと思うとなんか納得いかない気分になるのですが、それはともかく。

冬至といえばかぼちゃを食べて柚子湯に入って、という風習があるわけですが、では夏至には何かあったかな?とフト思ったので調べてみました。

結論から言えば…

特に何もありません!

という面白味のない結果になりました。一応地域によって、京都では水無月という期間限定の和菓子を食べるとか大阪近郊ではタコを食べるとか半夏生餅といわれる小麦餅を食べる地域があるとかいう結果は出たのですが、どれも「夏至限定」というより「夏至の期間の頃に食べる」といった食べ物のようで、全国的に「これだ!」というものは無いようです。まぁテレビでも聞かないしスーパーとかでも「夏至なのでこれを食べましょ~」みたいなキャンペーンを打ってるのを見ないので納得は納得です。

でも、ひとつだけ…

愛知県では無花果田楽を食べる

という情報が!
無花果…あの、果物のいちじく?を、田楽に???
ど、どんな味になるんでしょうか…。
愛知県ということは、やはり愛する八丁味噌で田楽にするのでしょうか。
食べてみたい…とは実はあんまり思いませんが、どんな味がするのかはちょっと気になります!




人気ブログランキング参加中!