生まれつき自分が異世界に転生したことは分かっていたが、特に気にせずのんびり過ごしていた主人公。学園入学を機に、自分が転生したのが前世で妹がプレイしていた乙女ゲームの世界だと気付くが、自分ではプレイしていなかった主人公には攻略対象もイベントも解らない。そんなことより入学式で一目惚れした相手に夢中の主人公はせっせとアプローチに励んでいたが、何故か攻略対象達が次々に迫ってきて…

というわけで、乙女ゲーム世界に転生したけどシナリオそっちのけで自分の恋に走っている話。面白かったです。主人公は妄想と思いこみが激しくて周囲を見ずに突っ走るけど性格可愛いのでOKです。無意識に自分からフラグ立てては片っ端から折ってる姿が笑えますね。
あと転生者多すぎ(笑) 主人公の幸せな生活の裏側には彼女を愛する友人その他の温かい裏工作があったのですね(笑)
というか主人公のお母様ナイスすぎるキャラなので、彼女の早期退場の未来を回避してくれた友人転生者に感謝ですね。主人公はそういうの全然知りませんけど。主人公はそもそもこの乙女ゲームを知らないので運命が変わったことに全然気付かないのも仕方ないところですね。

それにしても、誰が見ても解りやすすぎる主人公の恋心に全く気付かないウザすぎナルシストな王太子が本当に苛々します。さっさと真実に気付いて欲しい。
ゲームでは悪役令嬢だけど、本人がプレイしたことが無いためその事実に気付いていない主人公…の代わりに(?)典型的な悪役令嬢ポジについてしまったアリアナ嬢についてはちょっと気の毒ではあるんですが、彼女ももう少し冷静に見ていれば、主人公が王太子なんて歯牙にもかけてなくてサレオス一筋なのは簡単に分かったと思うんだ…。取り巻きの皆さんも指摘してあげなよ~という感じなので、やっぱり彼女の破滅は自業自得ですよね…。何もしなければ王太子の婚約者は彼女で決まりのはずだったのに。というか彼女については父親が「何もしないでおとなしくしてれば婚約者になれるよ」と一言教えてあげるだけで、こんな致命的な事件を引き起こすことも無かっただろうにと思わざるを得ない。お父様、内心で考えてるだけじゃなくて、ちゃんと本人に言ってあげようよ…。

どうでもいいけど主人公、いくらストーリーを知らないにしても悪役令嬢の破滅フラグ折りまくりどころかヒロインイベント起こしまくってヒロインルートをまっしぐらに突っ走っているのはなんででしょうね。ゲームヒロイン、もっと頑張れよ…て、彼女やる気ないから無理か(笑)





人気ランキング参加中!