不遇だった主人公が強力スキルを手に入れて勝ち組人生に踏み出した話、第2巻。
今回は主人公のスキルをサポートしてきたダンジョンコアのルーティアが実体化して外に出てきたり、前巻で倒した悪魔から取得した悪魔召喚スキルで悪魔バールが再誕したりで、この二人(?)を交えてのダンジョン攻略編。
悪魔たちにフォーカスが当たっているせいで主人公が目立たないことこの上ないです。スキルの特性やなんかは前巻で説明済みということもあって主人公不在でも何の問題もないというくらいの空気っぷり!いや一応全員が主人公の動向を気にしてはいるんだけども…。

ちなみにルーティアは新登場とはいえ台詞だけは前巻初期からずっと登場していたわけで、主な話題はどうしても悪魔が攫っていくことになっちゃいますよね…つまり今回の主人公はどう見ても悪魔バール(笑)
なんか意味深なところで終わりましたが、これも悪魔絡みの匂いがプンプンしてますからね…メインは悪魔の話ですよね。
ヒロイン?空気ですが何か?

話そのものは、なんか良くも悪くも「よくある話」に収まっちゃったなぁ、という感じです。肝心の「主人公のスキルの特異性」とか「複写条件をどう工夫してクリアするか」といった部分の面白さが無くなってしまったのが残念です。


1巻はコチラ




人気ランキング参加中!