何かに縛りを付けてゲームプレイするのが好きな主人公。新しくサービス開始した最新VRMMOでは「クールでカッコいい情報屋」として裏方プレイを楽しもうと決めた。だが、情報を集めプレイヤーを裏から操るという姿を目指したはずが、何故か最前線でボス攻略をしている状況…どうしてこうなった!?

というわけで、ゲームで情報屋プレイを楽しむ話。結構面白かったです。

プレイヤーが選択できる職業として「情報屋」というのが存在する、というわけではなくて、勝手に情報屋を名乗ってそれっぽい振舞いをしたいってだけなんですね(笑) でも元ネタというか、メシの種である情報は自力で調達しないといけないからソロでコソコソ頑張ってます。ついでに「突然の出現」(に見せかけた体術)とかの小ネタの仕込みにも余念がありません(笑)

表の(プレイヤーとしての通常の)職業のカモフラージュとしてパーティ組んだりするのかと思ったんですが、完全ソロプレイで頑張りたいらしいです。自分の欲求に忠実に真面目に取り組んでいるあたり、ある意味プレイヤーの鑑かも?

そして運営さんは予想外の行動ばっかりの主人公に振り回されて阿鼻叫喚の残業地獄(お約束)。多分これからも主人公は想定外のスキマの道を歩き続けると思いますよ?調整頑張って下さい(笑)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

情報屋さんは駆け回る (BKブックス) [ 仮面色 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/4時点)






人気ランキング参加中!