30分で読めちゃうお手軽エンタ、略称「いつものやつ」、第4巻。同じようなタイトルの同じような話が連続して刊行されてますが、これはスライムが可愛いやつです。おバカっぽいのに敵組織の尾行に気付いたりと何気に有能なのがたまらんですね!

今回は新しい町に移動して敵組織の暗殺候補指定から外れるために一芝居打ったり従魔用の装備を作るためにレッサードラゴンを乱獲したり、ようやくのランクアップを果たしたり新しい大規模魔法のお披露目をしたりしてます。
それにしても、いくら劣化種の「レッサー」タイプとはいえ、水かけるだけで倒せるドラゴンて史上最弱じゃないですかね?(笑) まあ、普通なら倒せるだけの大量の水を用意するために人海戦術にならざるを得ないみたいだから、「簡単に倒せる」なんて言えるのは主人公くらいになっちゃうのかもしれませんが。

あと念願のランクアップですが…あれだけ大量の依頼を達成しまくってるのに何でランクアップしないのかと思ったら、「最低一件の水場依頼を達成」という条件を満たしてなかったせいらしいです。これは前の町のギルド職員が怠慢だったとしか言いようがなくないですかね?別れを惜しむくらいならアドバイスくらいしなよ!条件を知ってれば即日達成しちゃう人だってことくらい気付いてたでしょうに!そういう意味では、町を移動しといて良かったですよね。実際、貢献値が溜まりまくっていたせいでいきなり2ランクアップしましたしね。…やっぱり前任のギルド職員には問題があったとしか…。

ちなみにスライムによるスライムのスカウトで従魔スライムが増えまくるのは今回も健在です。なんてチョロ可愛いんだスライム!この話は「スライムで和むのが目的の話」と言っても間違いではない気がしますね!
…スカスカ行間についてはもう諦めた(笑)


3巻はコチラ

同じ作者の別作品→ 異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする
        → 異世界賢者の転生無双
        → 異世界転生で賢者になって冒険者生活~【魔法改良】で異世界最強~



人気ランキング参加中!