完結するまでは何も語るつもりはなかった作品なんですが…最新巻の衝撃が凄すぎて!ちょっと吐き出しておこうかと!

<死神>の修復で消滅しかけているサツキを救うため、ついに<正義>と<審判>が参戦!<運命の輪>が味方に付いたことで、サツキの影響で弱体化していた<月>も復活、ついに反撃の狼煙が上がった!
という激アツ展開のさなかに、レディちゃんの正体が判明!押せ押せの反撃ムードが一転、大ピンチ!

…ともう、息もつかせぬ展開ですよ!まさしく佳境、これぞクライマックス!という感じ。
特にレディちゃんが…彼女の正体に関しては今までもチラチラ仄めかされていましたが、とうとう「人間じゃない」ことが確定してしまいました。というより正体が判明してからの

落ち着いた!賢そうな!表情が!

こんなんレディちゃんじゃない!
バカっぽい表情でいつでも強気に笑ってる能天気娘というのがレディちゃんのイメージなのに! ←結構ヒドイ事言ってる(笑)

いやもうこれ本当にどうなるの?ちゃんとハッピーエンドになるの?そして意識不明のままどんどん話が進められているサツキの主人公としての体面は守られるの?(←オイ)

ついに全てのタブロウが出揃って、いくつもの謎が解明される一方で、イレイズをヤヨイが止める!?え、同一人物のはずじゃないの?みたいな新たな謎が提示されたりもして、うわー目が離せない!
と言いつつ雑誌はチェックしてないので単行本化を待つしかない!
…次はいつの発売ですか~!




人気ランキング参加中!