女神から「ただ長生きしてくれるだけで良いから」と転生を願われ、創造魔法という転生特典を貰って異世界転生した主人公。創造魔法で作った不思議な木の実の力で魔力チートな魔女になった主人公は、前衛役として自分で造ったゴーレムのテトと共に安住の地を探す旅を始めるが…

というわけで、前世の知識はあれど個人的な記憶は名前や性別すら不明という主人公が魔力に物を言わせて色々やらかす話。初期は名前すら無く、必要に迫られて適当な名前を自分で考えてます。

安住の地を探しながら行く先々の問題に関わったり解決したりする話ですが、全体的なムードは静かで堅実。雰囲気がとても良いです。

前半は定番チートものらしく冒険者になって魔力任せでガンガン魔物を倒したりしてましたが、後半の開拓支援のエピソードあたりからはぐっと独自色が出てきた感じで良かったです。主人公は魔力チートではあるけれど、自分で何でも作っちゃう!というタイプではなくて「自分の住む村なんだからあくまで自分達で作りましょう」という導き手のような在り方に徹しているのが素晴らしいですね。
開拓作業をしている冒険者達に「12歳のちびっこなのにお母さんっぽい」とか言われてましたが(笑)、本当にそんな感じ。案外前世ではお母さんやってたのかもしれません。

あと、主人公に造られたあと数々のバージョンアップを経て新種族に至ったゴーレムのテトちゃんが一途で可愛いですね。主人公にとって彼女の存在がどれだけ救いになっているか!長寿通り越して不老不死コースに乗ってるっぽい主人公ですが、その長い人生にも彼女が寄り添ってくれていると思えば楽しく過ごせそうです。

やらかしはするけど過度に目立たないよう隠蔽も頑張りつつ安住の地を目指す二人の旅が幸せなものになればいいなと思います。

…まぁプロローグで「安住の地」を見つけられることは盛大にネタバレしちゃってるので(笑)、安心して見守れますね!






人気ランキング参加中!