自分ファーストで保身を図ってるだけなのに周囲の好意的過ぎる勘違いでどんどん崇められていく主人公の破滅回避ミッション、第3巻。
今回からは新展開。前巻で消滅した血染め日記の代わり(?)に未来の孫娘が時を越えて登場。彼女の語る未来では帝国は滅亡、そして主人公はその前段階で暗殺されていた!しかも毒で苦しみぬいて死ぬという…

というわけで、悲惨極まりない未来を回避するため、長年に渡って裏で蠢いていた勢力「混沌の蛇」との対決が始まります。とはいえ主人公は相変わらずポンコツでぽや~っとしてるんですけどね!そして新展開になっても地の文のツッコミとキレの良さは健在です!

今度の指標は孫娘ベルちゃんことミーアベルの記憶と、彼女が持参した「皇女伝」ですが…この皇女伝、ミーア愛が重すぎる”あの”エリスさん著ということで、盛りに盛ってる記述満載です。もはやおとぎ話の領域(笑)そのすべてを真実だと信じて主人公を尊敬しまくっているベルの信頼を損ねないよう細心の注意が必要ですね(笑) 大丈夫、ベルの頭の構造はミーアとの確かな血のつながりを感じる出来だから(笑)

さてベルちゃんの語る未来の陰険メガネことルードヴィッヒ先生によれば、未来のターニングポイントその1はミーアが女帝にならなかったことですが、それ以前に「もしミーアが生徒会長になっていればその後の悲劇が避けられた」と言っていたとのことなので、主人公は生徒会長選に乗り出すことになりました。ミーア様、メガネの言葉に対する信用度ハンパないですね!
そして、この生徒会長選を通してラフィーナ様のミーア株も爆上がりです。地の文でも突っ込まれちゃってますが、いつかバブルが弾けそうで怖いですね(笑) でも何故か上手く収束していくミーアマジック。この主人公、相変わらず危険察知スキルと絶妙なタイミングで波に乗るスキルだけはチート級ですね!本当にもう…勘違いを誘発する言葉選びの上手いことったら!

これは今後も楽しみです!ミーアの適当言動の起こす奇跡で混沌の蛇が翻弄されまくるといいよ!



2巻はコチラ



人気ランキング参加中!