ゲーム世界に転生した主人公が「世界1位」を目指して色々頑張ってみる話、第4巻。
今回は宮廷魔術師団の臨時講師になって性根を叩き直したり打ち解けたりがメイン…かと思いきや、一気に戦乱に突入してしまいました。そしてすぐに集結しました(笑) 
うん、規格外揃いだからネ(遠い目)

合間合間に主人公とヒロインズがあんなこんなで深い関係になっちゃったりはしてますが…。ハーレム展開は好きじゃないんだけど、描写がアッサリしてるし女性陣が「もう恋人だから!」とイチャイチャしたり束縛したりウザイ絡み方をするようになったり…という事が無かったので許容範囲です。むしろ主人公の語る”行為”の結果報告が面白かったわ(笑) あからさまな好意や誘いに気付かない鈍感系主人公ではないので女性に恥をかかせることはありません(笑)


今回は精霊軍師様のタチ悪い計略もあったし、王家のゴタゴタはこれで片付いたことになるのかな…。ゲームではあと5年は生きているはずだった国王の退場は残念。存外話の分かる御仁で主人公とは良い関係を築けそうだったのに…。

そして、私のお気に入りのアンゴルモアは出番少なかったです。とはいえ召喚される回数自体はそれなりだったし、シチュエーション的にも「ド派手な演出で登場しろ」とか「目一杯威嚇しろ」みたいなオーダーが多かったから本人的には満足していそうですね。派手好きだし(笑)

ともあれ、帝国や神国もしばらくは大人しくしていそうな展開になったし、次回あたりからはいよいよタイトル戦に突入するのかな。主人公、ようやく悲願の「世界1位」が目指せそうですね。



3巻はコチラ




人気ランキング参加中!