新型肺炎でSNS発のデマによりトイレットペーパーが品薄中のようです。

曰く、マスクと原材料が同じだから、マスク増産のために材料が使われてトイレットペーパーの製造ができないとか。

 → マスクは不織布、トイレットペーパーは再生紙。材料は違います!

曰く、中国の工場が動かないからこの先の生産ができなくなるとか。

 → トイレットペーパーの9割以上が国内工場で作られています!


このあたり、今ネットでも一生懸命伝えようとしている人はいるんですが、良くも悪くも影響力の強いテレビが「ご覧下さい!棚がカラッポです!」みたいな感情的な報道をしがちなのが痛いですね。テレビは視聴率が稼げればそれでいいので、センセーショナルに煽る方向に行きがちなんですよね…。

あとは悪質な転売ヤー。そもそもこのデマ騒ぎも転売屋が発信し始めたのでは?みたいな話も出ています。嘘か本当かは知りませんが!
でも、みんなが困っている時に荒稼ぎしようというその人間性が理解できない!

トイレットペーパーは十分な在庫があり製造も安定しているので、一時的に棚が空になってもきちんと補充されるそうです。不安になるのは分かるけど、買占めはせず必要量だけのストックに留めましょう!買占め行為をせず通常の量だけの購入なら無くなることはまずない、とのことです。
そして転売されている物は極力買わない方向で!!超高額で出品してても誰も買わなければいずれ消える…はず。

この流れでティッシュペーパーや生理用品、紙おむつまで買占めが始まっているとか。中でも紙おむつは無くなると超困りますよね。赤ちゃん用より大人用の介護おむつが不足する方が実は困るという…。赤ちゃん用は布おむつという手も使えるけど、大人は量が…ねぇ?
そう考えれば、品薄と聞いて不安でつい買いこむ気持ちは解る…解るけど、必要だから多めにストックしたい人間心理に付け込んで、転売目的に買い占める人は許せない!

購入は必要な人が必要な量だけ!
そして、変なデマに惑わされない!ツイッターで気になる情報を見かけても、「それは大変!共有しなきゃ!」と拡散させる前に「それ本当に正確な情報なの?」と調べるクセを付けましょう!




人気ブログランキング参加中!