行き当たりばったりで成り行き任せの主人公の言動を周囲が深読みしまくって畏怖したり尊敬したりしている勘違い系コメディ、第4巻。今回はいつにも増してマスターが鬼畜!なバカンス編、前半。本人は鬼畜なつもりはありません。
ちなみにバカンスを「バカンス」として楽しめているのはブッ飛びパーティメンバーのリィズちゃんとシトリーの姉妹だけです。マスターは「何でこうなった」ってずっと思ってる。…アンタが煽ったからだよ!(笑)

帯を使った仕掛け表紙からして不憫一直線なティノは相変わらず可哀想な目に遭ってますが、なんだかんだで今回一番不憫な被害者はやっぱりアーノルドかな~。マスターには関わらない、というのが一番正しい接し方なのに、いちいち突っかかるからそんなことになるんだよ(笑)
主人公の内心が明かされている読者側からしてみれば、マスターの言動は保身とビビリと適当とその場凌ぎでできていると分かるけど、実際に口に出す言葉のチョイスは煽り以外の何物でもない、という人ですからね…振り回されちゃうのも分からないではないんですが。マスターの無意識煽りレベルはまさに神クラス!しかもその無責任な発言があらゆる状況にピタリとハマって「そういう意図だったのか!」と周囲に納得(誤解)させてしまうしね…やマ神!


ちなみに今回、シロクロハイイロのマスター被害者(というかシトリー被害者?)三人組のうちクロがweb版と違い女性に変更になりましたが、その設定変更が活きるような事態は発生せず。どちらかというと三人とも空気な扱いでした。彼らに多少なりともスポットが当たるのは後半なので、クロが女性に変わったことでwebとは違う何かが起こるのか、それとも単純に女性の頭数を増やしたかっただけで特に何も変わらないのか…この作品はいろんな意味で予想を裏切ったナナメ上展開してくれるので、後半を楽しみにしておきます(*^-^*)


3巻はコチラ

同じ作者の別作品→ 誰にでもできる影から助ける魔王討伐




人気ランキング参加中!