特殊能力てんこ盛りのスライムと愛されまくり主人公が可愛いロードノベル、第2巻。今回は一冊丸ごと、人身売買組織との対決編。そろそろ周囲にも主人公と相棒たちの特異性が浸透して参りました(笑)

今回、分厚っ!キリの付く所まで収録した上に書き下ろしとコミカライズの第1話まで入ってますからね。お得!
その書き下ろしは主人公のお誕生日祝いのサプライズ。旅を通して主人公も「どうやら故郷の村の性質が最低だっただけで世界にはもっと良い人が多いらしい」と気付き始めています。まあソラの”悪意ある人間判定”という絶対的な根拠があるから信じる人間を間違えなくて済むのは大きいですよね。…そのソラはどこをどうやって判定してるんだろう……。さて特別なのは「崩れスライム」と「星無しテイマー」、どちらなんでしょうね?

そして、待望の!アダンダラに名前が付きました!シエル可愛いよシエル♡ 名前を貰って嬉しくて尻尾ざっかざっか振っちゃうシエル可愛いよ!彼女(メスです)、押しかけ従魔というか、最初から主人公に寄り添う気マンマンでしたからね、他人に向かって正式に「仲間」と紹介してもらったのが嬉しかったんでしょうね。微笑ま~(*^-^*) 挿絵の入る位置はなんか間違ってる気がしてならないんですが…気にしたら負けかな。

それにしても主人公、前世については断片的な知識しかないせいで「前世で暮らしていた世界は詐欺や犯罪が多くて奴隷落ちなんてしたら一生解放されない、危険がいっぱいの世界だったのかも」とか思っちゃってますよ。違…!それラノベ知識だから!むしろ世界一安全で平和な国で暮らしてたから!と言ってあげたい…でもその誤解を解ける人がいない(笑)
さらに、実は主人公が今世では誰からも料理を習っていなかったことが判明。無意識に前世知識で作っていて、今世でも習ったつもりになっていた模様です。これに関しては前世知識いい仕事しましたね!もし自分で料理できなかったら、村を出て間もなく栄養失調で倒れていたかも…。
この作品の「前世知識」の使い方、結構好きです。
まぁね、大人が考え付かなかった作戦を次々に出して「9歳じゃない」と言われちゃう原因もこの前世知識なんですけどね(笑)

作戦や敵方の裏側考察に関してはもう…前世のラノベ準拠だな、って読み手にはすぐ分かりますが…あちらの世界にそんなの分かる人いませんしね。そして主人公の、自分の前世の世界に関する誤解は深くなっていく…(笑)


1巻はコチラ

同じ作者の別作品 → 異世界に落とされた…浄化は基本!




人気ランキング参加中!