定番巻き込まれ異世界生活かと思ったら殺されたり蘇生したり忙しかったけど、幼馴染の生まれ変わりがいるははずなので探してみる話、第2巻。幼馴染の転生者”候補”がまた一人増えました。…ほら、やっぱりね。

今回増えた幼馴染候補は、前巻ラストで主人公を引ったくりと勘違いした挙句攻撃かましてきた神官娘です。第一印象は悪かった…というか主人公は前回の遭遇時は彼女の顔すら見てなくて紫パンツしか印象に残ってなかったけど(笑)、少しずつ交流を重ねて互いに相手を大切に思うようになっていく…という定番ラブコメ展開です。

あとは定番の冒険者登録。登録前に討伐していた大量の魔物を披露して「僕、なんかやっちゃいました?」をやるのはお約束。でも冒険者になってからは薬草採取や迷子の猫探しといった危険の少ない地味な依頼ばかりを受けて堅実かつ着実に実績積んでいくあたりはこの主人公らしいかな。
地道すぎてギルマスから「派手にやらかせよ!もっと規格外な事しろよ!」とせっつかれるチート主人公って、意外とありそうで無かったかも(笑)

そして今回のメインは子供の行方不明から始まった大規模誘拐の救助作戦。神官娘と協力して捜索していたはずが、神官娘も誘拐されて…?という流れですね。その過程ではお約束の「幼馴染と同じ行動が!」みたいなのがちょいちょい挟まれていくわけですが。

でもなぁ…今回の神官娘の「幼馴染の面影」はなんというか…こじつけというか、説得力無いというか。
子供好きな女性なら誰でもやりそうなことに「もしかして!」といちいち過剰反応しているようにしか見えません。迷子エピソードも方向音痴な人間にとっては割とあるあるな内容で、幼馴染特有の反応というわけでもないし。
こんな些細なことまで気にしていたら世界のかなりの女性が幼馴染の転生体になってしまいそうです。
かろうじてラストの「指切りの約束」だけは”それっぽい”ですが、う~ん…ちょっと弱いなぁ。
え、もしかして今後もずっとこの程度の「類似点」で幼馴染候補が増えていくんですか??
もうちょっとこう…「普通なら絶対に好まれる○○が怖い」とかみたいな決定的な何かを用意しましょうよ…。


1巻はコチラ




人気ランキング参加中!