ある日突然、姉が「自分は2年後に勇者になって、その5年後に魔王と戦って死んで、気付いたら10歳の今に戻っていた」と言い出した。困惑する主人公だが、脳筋の姉が知らないはずの儀式の詳細を知っていたり、使えなかったはずの魔法を目の前で使ったりするせいで信じざるを得なくなった。今回の人生もまた勇者になって世界を守ると言い出す姉に、前回と同じ事をしても何も変わらないのではと指摘した主人公だったが、姉は主人公に助力を願って…というか対策を丸投げしてきて…

というわけで、人生やり直し中の姉に巻き込まれたので色々サポートしてみる話。面白かったです。

これ、「二周目勇者」なんていうタイトルですが主人公は弟の方なんですね。「人生やり直し中と公言する人を傍から見るとこんな感じ」というのを描写してみたらこうなった、という話…と言う方がしっくりくるかな? 
まあ、あれだ…。お姉ちゃん、思考が肉体言語すぎて状況説明とか全然できないから…。”主人公”をやれないのは仕方ないですね(笑) 
弟の方も「実は転生者で前世の知識持ちです」という設定で、現時点で既に「賢者」なんて呼ばれて一目置かれてたりするので、彼が「主人公らしくない」とも言えませんしね。実際、主人公を巻き込めなかったのが前回のお姉ちゃんの敗因と言えなくもないし。
…やり直し脳筋勇者と転生賢者か…。改めて考えると濃い姉弟ですね。末妹が「普通」なのを母が喜ぶ気持ちがちょっと分かっちゃう(笑)


主人公は一応知識チート系なんですが、そこまでチート感は無いですね。いや「前回」の知識を持ってるのが何かとあやふやなお姉ちゃんだから、イマイチ知識を活かしきれないというのが正しいのか(笑)
何しろ実際に何かが起きてからようやく「あ、これ前回でもあったわ」とか言い出す人ですからね。事前の対策も何もあったもんじゃない(笑)
おかしいなぁ、お姉ちゃんの前回の人生は結構ハードモードだったみたいなのになぁ。なんか危機感薄いですよね。これが脳筋クオリティか!

とはいえ、お姉ちゃんの頼りなさすぎる前回知識を基に色々手を打った結果、障害を負うはずだった妹が無事に生まれたり起きるはずだった災害を未然に防いだりと、悲劇の連鎖だった前回とは大きく展開を変えていけている模様です。主人公頑張った!ついでにお姉ちゃんも頑張った!
その代わり、未来に何が起きるのかどんどん不確定になっていってますが、そこらへんは弟が頑張って何とかするしかないですね!「賢者」とか言われてるんだからイケルイケル(無責任)




人気ランキング参加中!