夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

2015年10月

うしおととら の話をしよう

連載終了当時「物語の締め方のお手本」とまで評された、少年漫画の傑作。結構古い作品なので、今年アニメ化されたことで初めて知った方もいることでしょう。
 
この作品、それぞれのエピソードも良いのですが、主要キャラはもちろん、ゲストキャラ(含妖怪)に至るまで、登場人物がとても魅力的なんですよね。さらに、そのエピソードだけのゲストと思われていたキャラが思いがけない場面で再登場して美味しいところを持っていったり、「まさかあの人が?」と思うような人が後に重要な役割を果たしてくれたり。まさに「これまで出会ってきた者、経験してきた事のすべては無駄ではなかった」ですよ!長い連載の間に初期の人物やエピソードが忘れ去られる…なんてことはないのですよ!

もう一つ、様々な伏線と、その回収の仕方も見事でした。伏線回収に関して一番 唸ったのは、序盤も序盤、うしおが獣の槍を手に入れて間もない頃「柄になにか漢字のようなものが彫ってある」と気付く場面。このシーンそのものはすぐ終わってそれっきりになってしまうのですが、物語が進み、獣の槍誕生秘話においてこの文字がなんだったのか明かされます。刻まれた文字の真実を知った時、まさに魂が震える思いでした。長い長い時を経て、獣の槍は最も相応しい使い手のもとに、渡るべくして渡ったのだ…!と。これだけの物語構成を長期連載初挑戦の作者がやってのけたということに驚きを通り越して感動を感じます。

さてこの作品のヒロインはいわゆるダブルヒロインなわけですが、雑誌連載当時、圧倒的に人気だったのは真由子の方でした。私も「あやかしの海」あたりまでは麻子いいな~と思っていたのですが、話が進めば進むほど、どんどん真由子派に…。麻子は意地っ張りキャラなので、素直で健気な真由子の方が一般に好かれる傾向があるのは確かですが、特に真由子ととらが絡むエピソードに珠玉の出来栄えの話が多いということも影響していると思うのです。 
これには実のところタネも仕掛けもありまして。連載当時、作者インタビューで「真由子の方が人気があることについて」という話があったのです。(麻子とうしおが両想いであるらしい描写は作中あちこちにあるので、それを踏まえて)その時の作者の回答が
「真由子は (うしおとは)報われないし、この先大きな決断が必要な運命が待っている。だからせめて、読者さんは真由子を好きになってあげてくれ、と思って」
 ということでした。つまりは作者の親心で、より好かれる方向に成長していったんですね。
ちなみにこの作品、連載がまだ続いていた頃にオリジナルビデオシリーズとして当時の人気エピソードがいくつかアニメ化されているのですが、この時の真由子の声(cv.冬馬由美)がどストライクでして…ゆっくり喋っているわけでもないのに、どこかおっとりして聞こえる口調とか、フワフワした可愛い感じとか、私のイメージする「真由子の声」そのものだったのです。今のアニメの声が悪いわけではないんだけど、どうしてももっとフワフワ!もっとおっとり!と思ってしまうという…。

うしおととら 完全版 6 [ 藤田和日郎 ]
うしおととら 完全版 6 [ 藤田和日郎 ]



 

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています5

というわけで完結です。異世界転移モノとしてはかなり地味な部類の作品ではありますが、真面目で普通な主人公と相まって、堅実で安定した話運びは好感が持てました。
さて今回は「主人公の最終的な決断はどうなるか!?」というアオリのわけですが、はっきり言って最終的にどの道を選ぶかなんてみんな知ってるよね~?という…。もちろん最終巻らしく、生死不明だった「あの人」なんかも絡んで一波乱ありまして、魔王様のヤキモチが遠因で主人公が危機になったりするわけですが 、うん、要するに「嫉妬って怖い」に集約されるのかな?色んな意味で。
それにしても主人公、攻撃魔法もそれなりに使えるはずなんですが、1巻で魔法が使える事に浮かれて冒険者やってた頃以降は全然使ってませんね。自分が攻撃もできるってこと自体を忘れてるフシがありますね。まあ現代日本で普通に生活していた女性なら、人間の姿をしたものに攻撃なんて、そうそう出来るとは思えないので、そういう意味では納得いきますが。
良くも悪くも「普通」だった主人公は最後まで「普通」の感性のまま、普通とは少し違う形での幸せを手に入れました。良いエンディングだったと思います。魔王と主人公が日本での生活をぽつぽつ語り合うシーンは泣けました…。

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています(5) [ ふじま美耶 ]
異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています(5) [ ふじま美耶 ]


異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする1

ネットゲームの最中寝オチして、起きたら異世界にいました…という、最近よくある、タイトルそのまんまの話です。少しだけ違うとすれば、この手の「ゲーム中に気付いたら」のパターンだと「やっていたゲームの世界にいました」が定番ですが、この作品ではどうやらゲーム的ではあってもゲームとは何の関連もない、純然たる異世界のようです。
話の展開も主人公が恵まれたステータスを活かして非常識な活躍をする所も、目新しい所は何もありません。が、主人公の性格や周囲のキャラクター造詣など、特に不愉快になるような要素もなく、安定して面白く読めました。 今のところ主人公は強大な魔力を注ぎ込んでの力押しオンリーで世の中渡ってますが、相棒になるチビッ子と一緒に行動するようになったことで、この先はもう少し戦略的に工夫を凝らしていくことも可能になりそうですね。
とはいえ魔力設定が非常識すぎて基本的に魔力頼みでなんとかなってしまうので、相手や展開に色々な趣向を用意できなければすぐに飽きられそう…。

異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする(1) [ 進行諸島 ]
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする(1) [ 進行諸島 ] 

2巻はコチラ

   

第9回サントリーなるほどクイズが始まりました

サントリーなるほどクイズ第9回が始まりました。というか始まってました。気付くのちょっと遅かった…とはいえ期間はまだまだありますからね!
ポイントサイトに登録されている方はポイントの高いサイトを選んで挑戦しましょう!
どこのサイトも貰えるポイントが結構多い人気企画です。絶対逃がせないですね!

この機会に登録される方はバナーをクリック!
  チャンスイットでお得生活  簡単で還元率が高いポイントサイト / ポイントモンキー  ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

不良坊主と見習い女子高生の霊感メソッド

悪霊ホイホイな体質の主人公が、千五百円という高額時給につられて寺で除霊アシスタントみたいなアルバイトをすることになるが、雇い主は顔こそイケメンだけど態度の悪い面倒くさがり屋で…

みたいな話。 一応分類的にはオカルトだけど全然怖くないです。普通に軽く読めて楽しい感じ。主要登場人物4人はそれぞれに好感が持てますね。というか、これ…タイトルになってる「不良坊主」より、その兄の住職の方が明らかに強くないかな?マッキーでテキトーに書いてる”お札”も水道水を煮沸しただけの”聖水”も絶大な効力発揮してるし…。正直この人が前面に出張ってきたら、なんでもアッサリ解決しそう。まあ一応ヒーロー役であろう「不良坊主」くんも能力はあるんですけどね。
さてこの作品、タイトルに「1」とも「上」とも付いてないですが、黒幕というかラスボスを逃がしちゃってます(というより負けてまry)から、どうやら続編ありと考えて良さそうです。 主人公の父の失踪の謎とか、住職兄弟の母?にまつわる話とか、今回明かされなかったあれこれも回収してもらえるかな?

不良坊主と見習い女子高生の霊感メソッド [ 竹村優希 ]
不良坊主と見習い女子高生の霊感メソッド [ 竹村優希 ] 



 
記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
おすすめポイントサイト
「貼るだけ」参加中!
楽天市場
ギャラリー
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ライブドアブログ