夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

2017年07月

MONARIOの 豆乳プリン

姉が手土産付きで遊びに来ました。今回は!
IMG_0932
MONARIOの豆乳プリン、フルーツミックス。
IMG_0934
中身はこんな。
味の感じとしてはプリンというよりゼリーです。冷凍して、ちょっとだけ溶けたところをシャーベットみたいに食べます。
つまんで出しながら食べると最後にプリンがすこーし残ってしまって軽くイラっとするのが難点ですが(笑) これからの暑い季節には良いデザートかも(*^-^*)




死にやすい公爵令嬢 エーリカ・アウレリアと来航者の遺跡

ろくでもない人生を送りろくでもない殺され方をした主人公が乙女ゲームの世界に転生した。転生した公爵令嬢は、どんなルートでもイベントの開幕に伴い様々な死因で死んでしまう悪役キャラ。記憶が蘇ったのは、その最初の死亡フラグが立つ予定のイベントの前日だった!今ならまだ間に合うと、死亡フラグを折るために行動する主人公だったが、あろうことか攻略対象であるクラウスとその妹が勝手に危険な迷宮に侵入してしまう。このままでは悲劇が避けられないと、急いで後を追う主人公だったが…

というわけで、乙女ゲーム悪役転生もの。ですが、普通に冒険ファンタジーとして面白かったです。
体重に反応して通路が変わる迷宮を、マジックアイテムを駆使して探索する子供達、とか歴史の影に隠されたモノに対面・バトル!とか、死の罠にかかって大ピンチ!とか。これ、設定をちょこっといじって「乙女ゲーム」要素を失くした上で児童文学として発表したら結構イイ線いけるんじゃないの?という感じでした。イラストや装丁もライトノベルというより児童文学的な方向だと思うし…。

まぁ一応乙女ゲームものなので、攻略対象がゲームヒロインより主人公に夢中になっちゃうお約束展開が待ってはいるわけですが…。ラストのクラウスからの手紙のシーン、最初の手紙(下書き)に対する妹の「想いが重いですわ!」には完全に同意します(笑)が、その結果 実際に送った手紙の「これ果たし状?」としか受け取りようのない端折り方はどうなんだ(さらに笑) あと何気に腹黒さ全開のお兄様が素敵(^^♪

児童文学ならこの一冊完結でもいけそうな完成度だったと思いますが、今回の話は乙女ゲーム開始の6年前、という設定なんで、続巻の方が物語としては本命なんですよね?今回ぐらいのレベルを保ってくれるなら先が楽しみかも…。さてどうなりますか?


2巻はコチラ



やっぱりハーゲンダッツはアイスの王様です

ハーゲンダッツ…それは「美味いが高い」の代表選手である高級アイス…(個人の感想です)
普段は食べられない憧れのアイスです(個人の…以下略)

IMG_0898
そのアイスを珍しく母上が買ってきてくれましたヾ(=^▽^=)ノ
いつもはカップのタイプばかり食べているのですが、今回はアイスバータイプ。
ラズベリーカスタードは最高です!表面のサクサククランチが良いし、中のアイスの味も文句なし!
ハーゲンダッツ、流石です!
やっぱりアイスはハーゲンダッツ!!


カンナのカンナ~間違いで召喚された俺の偽勇者伝説

魔力はないけど氷の精霊術を手に入れた主人公による卑怯上等ファンタジー、第2巻。サブタイだけ見るとまるでこの本が1冊目のようですが第2巻です。

今回は、前巻で髪と瞳の色が変わってしまった主人公が「だったら(彼を召喚した国の追手に)身元調査されてもごまかせるよね」と、冒険者としてデビューします。冒険者登録試験でひと騒ぎあるのはお約束。
さて今回ですが、前巻で生け捕りにした暗殺者あらため黒狼少女と主人公がいきなり深い仲になってしまってびっくりです。え、まさかヒロイン交代?女騎士さんはこのまま疎遠になっちゃうの?とちょっと動揺しましたが、クライマックスではキッチリ女騎士さんが相棒してくれました。良かった!「彼」の正体は読み手にとってはヒントだらけだったので解りやすかったとはいえ、主人公が「彼」と対面して即気付いてくれたのはやっぱり嬉しい気がします。ついでに三角関係勃発っぽいフラグが立ってますね。それはそれで良し!
今回から本格参戦の黒狼さんとさっさと関係をもってしまったのはまぁアレですが、この作品は同系統作品にありがちな「出会うのはみんな若い美女で、その全員が主人公に夢中になっちゃう」展開一辺倒ではなく、若者やおっさんや老婆などバリエーション豊かな出会いをしてくれるので好感が持てますね。主人公と一悶着あった坊ちゃんも、きっとイイ男に成長してくれるでしょう(^-^)
ついでに、主人公の後釜として勇者召喚されてこちらの世界に来ている 主人公の友人達の現況もさらっと描かれましたが、ヘタレイケメン君はアッサリ懐柔されそうで危なっかしいですね~。でもその分女性陣が警戒心を失くさず対処してくれてるので大丈夫かな?そのうち主人公ともニアミスしてほしいものです。

1巻はコチラ


TAKAMI OKAKI の かき氷♪

情報誌で紹介されていて気になったので食べに行ってみました。おかき屋さん「TAKAMI OKAKI」のかき氷(*^-^*)
狙いは記事に紹介されていた「フルーツしろくま氷」です♪
IMG_1076IMG_1077
おぉ~、可愛い!!
耳がおかき、お鼻はアイス。他にきなことミルクがかかっています。ちなみにかき氷は全品ほうじ茶とおかき付き。そこはおかき屋さんですから!他のお客さんの様子を伺ってみるに、おかきは全員違う物が提供されているようでした。私は耳に使われていた塩味のおかきが気に入りました。

肝心のかき氷はというと… ふわふわっとした氷にミルクが堪らん!美味しいです!
表面からは見えなかったんですが、氷の中にはフルーツが満載でした。
IMG_1079
伝票も可愛いポチ袋に入って登場。女性客を意識しまくってますね(笑)


ちなみに隣の予約席に登場したお客さんは「トイプー」顔の氷を特注していた模様。メニューにはない茶色い蜜のかかった犬顔氷、可愛かったです。注文に応じて顔を用意してくれるのか…?ちょっと気になりました。

美味しかったので今度は宇治抹茶ミルクとか焦がしキャラメルとか、別のメニューも食べに行ってみたいです♡ 遠いけどな!




記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
PR
楽天市場
ギャラリー
  • ロッテの 紗々 曙いちご
  • 博多銘菓 雪うさぎ
  • 博多銘菓 雪うさぎ
  • 森永の 小枝 濃い苺味
  • バレンタインが終わった…が、ホワイトデーまでフェアは続行?
  • バレンタインが終わった…が、ホワイトデーまでフェアは続行?
  • 明石「シトロニエ」でランチ
  • 明石「シトロニエ」でランチ
  • 明石「シトロニエ」でランチ
  • ライブドアブログ