夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

2018年02月

白十字の クラシックプリン

母のお友達から頂きました。
IMG_2106
白十字のクラシックプリン。
プリンは好きですよ!さてさて、ここのはどんなお味?…と楽しみに頂きました。
舌触りが滑らかで蕩ける…というか、蕩けすぎ?ほぼ「プリンは飲み物です」状態でした。
悪くはない、悪くはないんだけど…もう少し「プルン」とした食感が欲しい所だったかな?





やりなおし転生 *俺の異世界冒険譚

異世界に転生することになった苛められっ子の主人公。今度の人生では安楽に過ごすべく転生先の条件を色々選び、転生特典用の「ポイント」を転生後の世界でも使える特殊スキル「繰り越し」を貰って異世界へ。優しい使用人達に囲まれて勉強に鍛錬にと充実した貴族ライフを楽しんでいたが、どうやら主人公の家庭環境には色々と謎があったようで…

というわけで、テンプレ異世界転生もの。
チートで楽々生活を目論んでいたのに、転生特典の選択でスキル関連にポイントを割り振っていなかったせいで地道な鍛錬も必要になってしまった…というのがちょっと特色かな?という程度で、あとはごくごくオーソドックスな異世界スローライフものとして展開していきます。正直主人公の性格はあんまり良くないし、「ありがち」レベルを出ないかなと思ったのですが、王都行きのあたりから徐々に雰囲気が変わってきて、ラストは怒涛の展開に。ちょっと先が楽しみになりました。まぁ序盤でも「急速に世界のバランスが崩れたよ」という提示はあったので、将来的にバトル展開になる予想はついたと言えるんですが。

どうでもいいけど、このタイトルはちょっと誤解を招くんではないかと…。最初タイトルだけ見た時は、てっきりチートスキルで何度も人生をやり直す系の話かと思っちゃいましたf(^_^;)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やりなおし転生*俺の異世界冒険譚 [ makuro ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/2/18時点)





マヨラの コーヒージョイ

今回はちょっと変わり種でインドネシアのお菓子をゲット。
IMG_2110
MAYORAの「Coffee Joy」
名前通り、コーヒーを使ったお菓子です。外国のお菓子なので個包装じゃないのは予想してましたが、
IMG_2111
一応小分けパックになってました。良かった!
小分けパックを開けるとフワっとコーヒーの香りが立ち昇ります。
シュガーバターの木みたいな厚さのビスケットと予想していたんですが、想像以上に薄い!カードみたいです。
お味は…表面に砂糖がまぶしてある割には甘さ控えめ。というかほぼ甘くないです。も少し甘い方がお菓子らしくていいかな…。
生クリームとかバニラアイスを挟んで2枚1組で食べると美味しそうかも、と思いました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マヨラ コーヒージョイ ビスケット 180g
価格:324円(税込、送料別) (2018/2/18時点)



ホワイトデーがやってきますよ?

バレンタインが終わったら、次に来るのはホワイトデー。
というわけで、楽天アフィリエイトでホワイトデーキャンペーン実施中です!
私が心惹かれるモノといえば当然お菓子なわけですが(笑)、キャンペーン商品で心惹かれたのはこちら!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

苺きらら5個入 < あす楽対応 スイーツ >(宅急便発送)
価格:648円(税込、送料別) (2018/2/18時点)

「苺きらら」
ほんのりピンク色がなんとも可愛らしいじゃないですか(^^♪
しかもあまおう苺とホイップチョコレートのサンドですよ?こんなの美味しいに決まってる!
お店のサイトを見に行ってみるとパッケージも可愛かったです♡お値段も手頃なので友チョコ返しなんかにもいい感じ。
これ贈られたら嬉しいなあ!ていうか誰か贈ってクダサイ(笑)


悪徳領主ルドルフの華麗なる日常

代々契約している悪魔に憎悪と怨嗟の感情を届けるべく、悪業に精を出す領主ルドルフ。だが彼は知らない。彼のやること成すこと、すべてが善行と受け取られ、怨嗟どころか、人々に感謝されまくっていることを…!

というわけで、領主ルドルフ視点と、彼の悪業の標的とされた当事者視点で、同じ出来事が語られる異色作。大変面白かったです。
領主側の視点ではルドルフの心情が語られているので、彼が100%悪意に満ちた行動をしているのは解るのですが、それが当事者側から見ると…ルドルフの思惑とは裏腹に、全てが裏目に出て(善意からの行動と思われて)いて「なんて素晴らしい人だ!」と評判がうなぎ上りになっちゃうという。パターンは毎回同じですが、「この行動、当事者からはどう見えるのかな?」と一種の種明かしを楽しむ気分でワクワクできます。
物語の構成上、領主側・当事者側の2回同じ話が語られることになるのですが、セリフや状況説明等の選択がよく考えられているようで、冗長感を感じさせなかったのも良かったですね。
折り込みペーパー(多分初版特典)ではルドルフの魂と悪魔の関係が少しだけ明かされていて、こちらも楽しかったです。この悪魔さんさぁ…気の毒すぎるというか、もう諦めるしかないんじゃね?(笑)





記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
おすすめポイントサイト
「貼るだけ」参加中!
楽天市場
ギャラリー
  • 花月堂の 八幡平の樹氷
  • ロッテの チョコパイ NYチーズケーキ
  • ユーハイムの フランクフルタークランツ レモン
  • ユーハイムの フランクフルタークランツ レモン
  • ポロショコラ、ついに買ってみた
  • 淡路島なるとオレンジパイ
  • Flowersモードに咲く花展 に行ってきた
  • Flowersモードに咲く花展 に行ってきた
  • Flowersモードに咲く花展 に行ってきた
  • ライブドアブログ