夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

2018年09月

底辺戦士、チート魔導師に転職する! 2

魔導師になったらチートだった主人公が苦労も努力もしないで最強になる話、第2巻。前巻では臨時パーティだったメンバーと正式にパーティを組んで、本格的にパーティ活動開始です。

活動開始なんです、が…。なんだかハーレムルートまっしぐらな展開です。メンバーはみんなそれぞれに実力者のはずなのに主人公凄いスゴイって連発するだけで、イマイチそれぞれの魅力が活かし切れていませんね。
最弱戦士が実は最強魔導師、という突然の環境変化に戸惑う本人や、主人公の規格外ぶりに動揺する周囲の反応なんかを楽しむ1巻目に対して物語としての真価を問われる2巻目なんですけど、周囲の人は主人公を英雄と持ち上げて絶賛するばっかりだし、主人公は魔法初心者のはずなのに失敗らしい失敗もしないし、なんだかこう…もうちょっとこう…と、モヤモヤします。
肝心の物語も「お姫様を助けたら惚れられました」とか「強敵が出たけどチート魔法で楽勝です」とか、なんかありきたりな展開をざばざば放り込んだだけ、という感じになっちゃってて、ちょっと残念でした。


1巻はコチラ


 



神戸どうぶつ王国に行ってきた

前々から一度行ってみたいと思っていた神戸どうぶつ王国についに行って来ました!
IMG_3172
ここは、以前は「神戸花鳥園」として花と鳥類を集めた施設だった場所。花鳥園には出来たばかりの頃に一回だけ行ったことがありましたが、どうぶつ王国に衣替えしてからは行ったことが無かったんです。
どうぶつ王国になったと聞いた時から興味はあったんですが、最近テレビで紹介されていて「カピバラを触れる」と知ってから俄然行きたい熱が高まっていまして…ついに念願叶いました!
IMG_8348IMG_8349
密かに気に入っているハシビロコウ。翼を広げるのは日光浴だそうです。係員の人曰く「晴れの日だけ見られるレアな姿です」とのこと。それはラッキー♪
IMG_8364IMG_8368
カピバラちゃんと触れ合い♡カピの毛ってなんというか、ゴワっとしてるというか、動物の毛っぽくないというか!全然柔らかさが無いんですね(@ ̄□ ̄@;)!!麦藁を触ってるみたいな感触でした。
でもアゴの下をモフられるのは気持ち良い模様。うっとりしてて可愛かったです(*^-^*)
ちなみにカンガルーの毛はフワッフワでした。特に子供のカンガルーはふかふかで柔らかくって手触り最高~(*^-^*)

思ってたより広くて動物の種類も多かったですが、何より人の多さにびっくりでした。人気あるんですね…。とりあえずカピバラはナデナデできたので満足です!


どうぶつ王国を堪能した後、おやつに三宮の「幸せのパンケーキ」に行って来ました。いつも大行列なので入ったことなかったんですが、一組しか待っていないというミラクルに遭遇したので参戦。ちなみに私達が並んだ直後からみるみる行列が延びていって大変なことになってました。タイミングが良かった…。
IMG_3190
初めて食べるので基本の「幸せのパンケーキ」を注文。一見アイスが載っているようですが、これ発酵バターです。
フワフワ…というよりトロトロ?結構タマゴ感が強くって、思ってたよりパンケーキっぽくないっていうか、玉子焼きっぽい感じがそこはかとなくあるというか。人を選びそうな味でした。とりあえず歯がなくても食べられます。歯茎があれば充分(笑)
見た目は結構ボリューミーだったけど軽いのでペロっと食べちゃえました。
ただ大行列を我慢してまで また行こう、とは思いませんでしたね…。




異世界で怠惰な田舎ライフ。3

異世界でスローライフしたいのにそうは問屋が卸さない第3巻。今回は騎士学校でのアレコレ編。

正妻さんの策略(笑)で貴族クラスに入れなかったせいで、結構体力的にハードな学生生活になってしまった主人公ですが、なんだかんだで楽しそうです。サバイバル実習での一幕とか、「少しでも楽をするためには努力を惜しまない」という微妙に矛盾した所がある行動を取るのは流石のユーリクオリティ。ただ面倒だなんだと言いつつも、手の届く範囲なら魔物の脅威から他者を守ることに躊躇しないのは良いですね。

主人公以外の「希望の子」たちの状況もチラホラと判明してきました。ほぼ全員が無事に案内人と合流できて鍛錬を開始したようです。まあ頑張れ。どうでもいいけど、他の子の案内人から「怠惰なくせに有能だ」とか言われちゃってる主人公にちょっと笑っちゃいました。怠惰というのは誰から見ても決定事項なんですね(笑)

今回は黒歴史モードな俺様ユーリ成分が少なかったのがちょっと残念です。もっと空気読まずに出張ってきてくれてもいいのよ?(笑)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異世界で怠惰な田舎ライフ。(3) [ 太陽クレハ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)

楽天で購入


2巻はコチラ
4巻はコチラ


ロイズ石垣島の 生チョコパイナップル

九州物産展でゲットです。
ロイズといえば北海道、なのになんで九州物産展に…と思ったら「ロイズ」の後ろに「石垣島」がくっついてました。お味もマンゴーやシークアーサーなど、南国トロピカルな感じのラインナップです。
そんな中から私が選んだのはこちら。
IMG_3169
パイナップル味の生チョコです。

中身はホワイトチョコベースにパイナップル風味のパウダーがかかっている感じ。
正直あんまりパイナップル感は強くなかったです。風味付け程度?
もっとがっつりパイナップルを練り込んだチョコレート、を想像していたのでちょっと思っていたのとは違いましたが、なんとなく後を引いて食べる手が止まらない!
これはこれで美味しかったです(*^-^*)







そのおっさん、異世界で二周目プレイを満喫中2

不遇だった主人公が、蘇った前世のゲーム知識を武器に恵まれた第二の人生を満喫しようとする話、第2巻。
切ろうかな、どうしようかな~と迷いつつ、本格的に話が動き始めるだろうし面白くなるかもしれないと思って、一応読んでみました。今回は使い魔ゲット大作戦。

う~ん…。筋立てそのものはすっごくフツーです。メンバーが増えたけど、やっぱり女の子なのはお約束。昔からの因縁があって主人公が邪険にできない立場の子、という位置付けです。が…、やっぱり筆致が淡々とし過ぎててイマイチ魅力が伝わりません。
「生き物の体内がダンジョン」という仕掛けはそれなりに面白かったんですが、見るべき所はそれくらいかな。
やっぱり、続きはもう読まなくてもいいかも…。


1巻はコチラ




記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
PR
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
PR
楽天市場
ギャラリー
  • SANRITSUの りんごパイ
  • ブルボンの ショコラエリーゼ ホワイト&宇治抹茶
  • ブルボンの ショコラエリーゼ ホワイト&宇治抹茶
  • マンモス展 に行ってきた
  • マンモス展 に行ってきた
  • マンモス展 に行ってきた
  • マンモス展 に行ってきた
  • マンモス展 に行ってきた
  • Maybelleの 瀬戸のめぐみレモンケーキ
  • ライブドアブログ