夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

2019年05月

戦鬼と呼ばれた男、王家に暗殺されたら娘を拾い、一緒にスローライフをはじめる 1

王国の傭兵として数々の軍功を挙げてきた主人公。だが休戦になるやいなや「用済み」として暗殺されそうになる。暗殺者をやり過ごした主人公は故郷で穏やかに暮らしていこうとしたが、故郷に向かう道中で主人公を父親と呼ぶ5歳児に遭遇。話を総合するとどうやら実の娘らしいということで、故郷の村で一緒に暮らすことにしたが…

というわけで、鍛えぬいた身体能力にモノを言わせて村の数々のトラブルを解決しつつ娘を猫可愛がりする話。ブツ切れエピソードの連続で一つの物語としてのまとまりがあまり感じられない上にツッコミどころが満載です。主人公の非常識な技能の数々を生温かく見守ったり娘の愛らしさに癒されたりしてればそれでいい話かな。

それにしても…冒頭からして、正体やら依頼主やらをベラベラ喋る上に主人公に逃げられる暗殺者(笑)だの、いい年して子供がどうやって出来るかも知らない主人公(笑)だの主人公の元に押しかけてきた女騎士を「親戚ということにした」と言っておきながら次の場面では「娘の姉ということにした(それだと女騎士も主人公の娘になっちゃうんだが!)」だのと、本当にツッコミどころが多い作品です。主人公の生い立ちも同様で、2歳で自立して3歳で狩りで生活支えられて5歳で盗賊団壊滅させるとか、何でやねん!というポイントだらけです。転生設定も何もない地の能力でコレですよ…こんなの粛清しようとした国王の方が気の毒になるレベルですね。
というか国王は国王で大局を見ることもできない無能な俗物が自分のプライドだけを優先して行動起こして自滅してるだけなので…哀れな末路はもう約束されちゃってますね。総じて「国民が可哀想」としか言いようがないですね。
う~ん、全体に勢いだけはあるけど無理がありまくりの力技の展開だったかな、という感じですね。ツッコみ始めるとキリが無いので、何も考えずにその場のノリだけで読み切ればまあまあ楽しい、かも。




人気ブログランキング参加中!



ロッテの パイの実 苺のミルフィーユ

パイの実といえば定番お菓子のひとつ。新発売のお菓子というわけではないので普段ならあまり食指が動かない種類のお菓子です。でも限定味が出れば話は別!
というわけで、今回はこちら。
IMG_4031
苺のミルフィーユ味!
なんといいますか、これはパッケージの勝利と言いますか…可愛らしくて目を引いたんですよね♡
味はね、うん…いつものパイの実でしたね!
正直もっと苺感が強いのを期待していたんですが、パイ生地の味の方が勝ってました。
美味しいのは美味しいですが、もう少し苺イチゴしていて欲しかったかな。




人気ブログランキング参加中!

 

勇者パーティ-を追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う

ある日突然、勇者パーティーから「役立たず」として追放された主人公。冒険者になって新たなスタートを切ることに決めた主人公は、その試験の最中に行き倒れた少女を助けたが、なんとそれが最強種と言われる猫霊族だった。少女に請われてテイム契約を結んだ主人公は二人でパーティーを組み冒険者として活動を開始。優れた能力を次々に披露する主人公に周囲は圧倒されっぱなしで…

というわけで、よくある追放された主人公が実は最強系の話。勇者と別れた後にテイムするのが定番の最強魔獣フェンリルとかじゃなくて猫霊族だの竜族だのの女の子という所が同系他作品と差別化を図った所でしょうか。まあ「最強種族」という点に違いはないんですが。

主人公側については定番の「テイマーなら普通ですよね?」「普通じゃないよ!!」というやりとりで話が進み、勇者側は主人公の不在で初めて彼のありがたさを知るという展開なんですが…
ちょっと勇者パーティの設定が不自然すぎるかな?
主人公が自分の能力が規格外であることに気付かないのは、生まれ育ったテイマーの郷(魔物に襲われ壊滅)の環境が特殊すぎたせいで、故郷でなら確かに主人公は「普通」だった…ということなので別に良いんです。でも勇者側が「普通のテイマー」の基準を知らないのはおかしいです。だって「テイマーの限界」というのは他の冒険者…ばかりか、冒険者じゃない人まで知ってるような基礎知識みたいじゃないですか?子供の頃から一緒にいたから他のテイマーの基準を知らなかったとかいうなら矛盾はないですが、作中語られたように旅の途中で主人公をスカウトしてパーティ入りさせたというなら、普通のテイマーの限界を知らないのは明らかにおかしいです。主人公の特異な力が発現したのがパーティ追放後ならともかく、主人公は日常的にその異常なテイム能力を使いまくっていたんですから。
追い出され系の基本通りに展開させようと思うあまり、勇者達を無理矢理「分かりやすい愚か者」にしたみたいな感じ…。せめて「最初はビックリしてたけど、主人公が”普通だ”と言い続けるもんだから、いつの間にか”出来て当たり前”と思うようになってしまった」くらいにしておけばまだ説明もついたのに…。

ところでこの作品では勇者というのは単純に強いヤツ、ではなくて成長限界突破という遺伝子を持つ家系のヤツ、で替えがきかないので現在の勇者に死なれては困る…という設定になっているのですが、主人公の故郷って、思い出話を聞く限りその血筋を伝えていたっぽいですよね。もし故郷のテイマー達が表舞台で活躍してたら魔王なんか簡単に倒せそう(笑)
まあ今後は主人公が魔王を倒す流れになっていくんだろうなぁ。


2巻はコチラ



人気ブログランキング参加中!



毎度おなじみ?親戚の謎土産

佐賀在住で定期的に奈良に出張してくる某親戚。今回もやっぱり地元にも出張先にも関係ないお土産を持参して来ました。
IMG_4048
岡山のミニクロワッサンラスクと

IMG_4049
静岡の富士の白雪カスタード と、 どこのかわからない水蜜羹きらら。
この二つは私が仕事から帰った時点で既に箱が捨てられてしまっていたので詳細が確認できませんでした。富士の白雪の方のパッケージはなんか可愛かった気がするんですが…。

ミニクロワッサンラスクはハチミツがたっぷり絡んでるもっちりしたラスクでした。クロワッサン自体がもともとサクサクした食感だから、ラスクだからどう、という変化はあまり感じませんでしたね。むしろハチミツの分もったりしていたような?美味しいですけども。
富士の白雪はアレですね、萩の月とかの系統のふわふわケーキですね。この柔らかさと優しい甘さはかなり好き♡
水蜜羹きららは果肉たっぷりのゼリーで、ジューシーで美味しいです(*^-^*)これは絶対冷たく冷やして食べるのがおススメ!

…とまあ、美味しいですけど相変わらず謎すぎるラインナップの手土産です(^^;) いつにも増して節操ない気がしなくもないですね…美味しいですけども!!



人気ブログランキング参加中!

 

転生賢者の異世界ライフ 3

自分の異常性をイマイチ認識してない最強主人公の異世界生活、第3巻。今回は「飯がうまい」という一点のみを目的に訪れた町が何故か雪に閉ざされていて、薪不足でピンチ!調理用の薪も暖房に回してるから料理作れないよ~という(主人公にとっては)絶対に見過ごせない大問題が勃発。「この世界に来てから一番美味しいご飯」に釣られた主人公がアッサリさくっと事態を解決しています。
このシリーズとしては今巻が一番面白かったかも。

スライム達が相変わらず可愛い上に新たなスキルが判明したり(”発現”ではなく”判明”です。スライム達は”持っていても使ったことないスキル”のことなんて一切気にしてません)、食い意地全開のスライム達がバトルジャンキーと化したり、主人公が新しい魔法を色々仕入れたりしてます。が、そうやって手に入れた魔法やら戦闘のための高等技術やらを薪作りのために大盤振る舞いして周囲にドン引かれるのはお約束です。そして、町の異常気象の裏側にいつもの敵組織の陰謀が隠れているのもお約束。
今回は派手な戦闘は無かったけど派手な魔法はバンバン使ってて、演出的にも満足度高めだったかな。

ただ、「過去最高に美味しい料理」のシーン…挿絵がちっとも美味しくなさそう!むしろマズそう!主人公のリアクションも、これじゃ激マズの時の反応じゃない?という絵で、そこが残念でしたね。ここはもっと大げさにウットリした表情に描いて欲しかったですよ。本編の主人公、もっと感涙にむせんでたでしょ?絵師さんにはもう少し頑張って欲しかったです。

ちなみにあとがきによれば、主人公がMPマイナスになってもどんとこいで魔法使えるのには何か理由があるみたいです。種明かしの時が来るまで、打ち切りとかになりませんように!


2巻はコチラ
4巻はコチラ

同じ作者の別作品→ 異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする
        → 異世界賢者の転生無双
        → 異世界転生で賢者になって冒険者生活~【魔法改良】で異世界最強~
        → 暗殺スキルで異世界最強


人気ランキング参加中!

 

記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
PR
楽天市場
ギャラリー
  • 遠出はできないけどお花見したい
  • 遠出はできないけどお花見したい
  • 遠出はできないけどお花見したい
  • 遠出はできないけどお花見したい
  • グリコのプッチンプリン やさしい甘さバージョン!
  • スレイヤーズ30周年!SLAYERS MEGUMIXXX 買ったよ!
  • スレイヤーズ30周年!SLAYERS MEGUMIXXX 買ったよ!
  • KALDIのコーヒーホイップクリーム、買ってみた
  • こがね家の 米粉ミルクチョコレート
  • ライブドアブログ