夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

2019年08月

花月堂の 八幡平の樹氷

はいどうも、初めて見かけるお菓子を見てしまったら買いたい気持ちがうずうず湧いてくる夕月です。
というわけで、今回はこちら!
IMG_4198
花月堂の「八幡平の樹氷」白&黒

白はピーナツチョコ、黒はミルクチョコのコーティングがかかってます。
商品説明では「チョココーティングしたしっとりクッキーでマシュマロをサンド」と書いてありましたが、食べてみた感じ「しっとりクッキー」というより「ちょっとパサっとしたケーキ」という方が近いなという印象でした。
マシュマロサンドのチョコ菓子といえば森永のエンゼルパイを連想するんですが、こちらのマシュマロはエンゼルパイより自己主張が弱めかな?あんまり「マシュマロ食べてる」って感じはしなかったです。むしろクリームが挟んであるのに近い感じでした。

ん~、美味しいとは思うけどお値段がそれなりにお高めなので…、今回で好奇心は満足したし、リピートで買うことは無いかな。




人気ブログランキング参加中!

 

デッキひとつで異世界探訪 3

TCGの能力を使って異世界生活を頑張る話、第3巻。爺様がカッコイイのはもはや基本仕様です。

ずっと拠点の森から離れなかった主人公がようやく異世界の街に入った!ついに「いわゆる冒険者」と知り合った!
…とはいえ、ほのぼの異世界交流とは程遠く、評判最低の領主に攫われたワフちゃんの奪還作戦です。

今回は特務騎士という強敵が現れたり新たなカード使いの存在が仄めかされたりと新展開目白押し。僅かな描写から、今度のカード使いは女の子ですねぇ。ついに正ヒロイン登場…に、なっていくのでしょうか?エミルはオトコマエすぎてヒロイン力が足りない(笑)から、女の子勢力のテコ入れが来たとか。と言いつつ今回「囚われのお姫さま」やってたのはワフですが。これ本来ヒロインポジの子の役ですよね~。エミル立つ瀬ないな!

ちなみに今回は神様パートがありませんでした。遊戯の神が何考えてるのかチラ見せでも覗かせて欲しかったので、神様パートが無かったのはちょっと残念でした。


2巻はコチラ



人気ランキング参加中!

 

ロッテの チョコパイ NYチーズケーキ

最近「世界を旅する」と称するシリーズで色々な味を展開しているロッテのチョコパイ。
今回はNYチーズケーキ味みたいです。
IMG_4178
そして限定味が出れば買うのは私の仕様です(笑)

これは…チョコパイシリーズとしては屈指の「甘くなさ」ではないでしょうか?
チーズケーキというだけあってコクがあって濃厚、そして甘さが控えめです!
クリーム部分が甘くない、というのが大きいですね。
「チョコパイは甘すぎてチョット…」という方も、これならもしかして食べられるかもしれません。
まあチーズ味そのものに好き嫌いはありそうですが…。

私はチーズもチョコも大好きなので美味しく頂きました♪





人気ブログランキング参加中!

 

追放賢者ジーンの、知識チート開拓記

伯爵家の長男に生まれ賢者として実績を積みながらも、魔族とのハーフであることを理由に疎まれ義母と義弟の策略で未開拓の辺境に左遷されてしまった主人公。彼によって生命を吹き込まれたホムンクルスのおしかけ家臣と共に赴いた領地に待っていたのは、研究バカの主人公の好奇心をくすぐる事象の数々で…

というわけで、左遷されたけどむしろ生き生きと研究に邁進している主人公の辺境開拓記。彼考案のオリジナル魔法<手乗り図書館>が便利すぎて欲しくなるレベルです。

「チート」という言葉が入ったタイトルですが、ありがちな転生とかの要素は一切無いです。主人公が一から身に付けた努力の賜物です。あと運。本人気付いてないけど、この人、出会い運がめちゃくちゃ良いですよね…。

純粋に新たな知識を取り込んだり実験したり観察したりという行為が好き過ぎて人間として何か足りないレベルまでいっちゃってる主人公が素敵ですね。知識マニアというか研究バカというか、ここまで突き抜けられるといっそ清々しいです。頭脳だけじゃなく実際に行動に移せるアクティブさとどんな事態に陥っても自信に満ちて冷静に行動できる所も頼り甲斐がある感じ(変人だけど)だし、「未知の事象も知識の積み重ねと検証によって既知になれば対処可能」と言い切り実際に対処してみせるのもカッコイイです。変人だけどな!(大事な事なので2回)
質問に答えるのが生きがいで存在意義、という悪魔マルコシアスも可愛い。ワイルドエルフ兄妹もいい味出してます。最初は主人公を警戒してたけど、付き合ううちにすっかり絆されちゃってますね(笑)
あと、主人公を疎んで色々仕掛けてきてる義弟側の視点も見てみたいです。まぁ主人公が既に”考察”という形で義弟の考えている程度の事は丸裸にしてる気がしないでもないですが(笑)

これは続きも読んでみたいと思わせる話でしたね!

ただ一点残念なのは…挿絵が「コレジャナイ」感が凄すぎなこと。仮にも貴族で、一人称が「私」で知的(ブッ飛んではいるけど)で落ち着いている設定の主人公にこの容姿は無いわ…。特に髪型。粋がってる不良ガキってわけじゃないんだからさ…。




人気ランキング参加中!



ラスボス手前のイナリ荘

公務員でのんびり安定生活を目指していた主人公。住んでいたアパートの大家から特訓を受けて試験に臨んだが、等級試験で最低ランクの「空白級」と判定されてしまい、公務員は諦めざるを得なくなってしまった。失意のさなか、大家から「自分のアパートを引き継いで大家にならないか」と誘われ、不労所得という甘い響きに誘われて二つ返事で了承した主人公は大家として新たな生活を始めることに。だが彼は知らなかった。大家によって鍛えられた彼は伝説級の最強クラス「終止符級」に登りつめており、そして引き継いだアパート「イナリ荘」は世界を滅亡させるクラスのモンスターが無限に現れる超危険地帯だということを…

というわけで、無自覚最強の大家さんが「ちょっとした害虫退治」と思いこんで凶悪モンスターを軽々撃破している話。面白かったです。
主人公が自分の強さを自覚していないのは大家さん…もとい、元大家さんの策略です。なぜなら主人公は安定志向で英雄願望皆無、世界を救う仕事だなんて言われたらアッサリ逃げ出すこと請け合いのヘタレな小市民だから! 彼の性格を考慮すれば元大家さんの判断も無理はない…というか、むしろグッジョブ?

週1~2回のペースで世界を救い続けている初代&二代目大家さんズですが、言い方を変えれば一度でも負ければそれで世界が終わるという状況なわけで、この世界結構ヘビーですね…。ですが主人公の確かな実力とほんわかのんびりした人柄で安心して見ていられます。というか現状ラブコメ色の方が強いです。女性陣が一方的に好意を募らせているだけで主人公は「大家として紳士的に接して住人を安心させなきゃ!」としか思ってないですが。うん、ヒロインズは前途多難ですね。お約束!

単発モノとしても綺麗に終わっていると思いますが、元大家さん関連で何か仕込んでありそうな感じなので続いても良さそうです。続く…のかな?




人気ランキング参加中!

 

記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
PR
楽天市場
ギャラリー
  • ロッテの 紗々 曙いちご
  • 博多銘菓 雪うさぎ
  • 博多銘菓 雪うさぎ
  • 森永の 小枝 濃い苺味
  • バレンタインが終わった…が、ホワイトデーまでフェアは続行?
  • バレンタインが終わった…が、ホワイトデーまでフェアは続行?
  • 明石「シトロニエ」でランチ
  • 明石「シトロニエ」でランチ
  • 明石「シトロニエ」でランチ
  • ライブドアブログ