夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

読書

初めての旅は異世界で1

高校を卒業したら一人旅するつもりの、ソロキャンプが趣味の主人公が、ある日クラスメイトの異世界召喚に巻き込まれてしまった。神の使徒として召喚された級友二人と違い、ただのお客様という扱いに落ち着いた主人公は、しばらく兵士の訓練に混ざって自衛手段を得た後に、帰る手段を探すため召喚主の城を出て旅をすることにしたが…

というわけで、ありがちな巻き込まれもの。他の召喚者二人は神様に会ってこれから行く世界の説明受けてチート貰った、ということなので「実は主人公こそが召喚対象」ではなく本当に巻き込まれただけですね。でも色々規格外なのはお約束。
本作は召喚対象が「魔王と戦う勇者」ではなく「強くなって神の世界に行って神に会う」のが目的の神の使徒、というのがちょっと変化球かな。
「どうせ旅に出るつもりだったんだから、中世ヨーロッパ風の世界に来たのは旅費が浮いてラッキー」と考える主人公のメンタルがポジティブすぎ(笑)

主人公の考える「キャンプ」とは…基本野宿・食器と調味料持ってればキャンプ。テントがあるなら豪華なキャンプ。そして、その「キャンプ」で危険を避けるために危険察知の能力を身に付けてたり自分の気配を消して素手でウサギを仕留められる所まで鍛錬してたり…日本にいる段階で既にチートじゃん(笑) あなたのそれは一般的にはキャンプではなくサバイバルです。
こんな主人公が「この世界で自衛できる程度には」と兵士の訓練にまで参加したんだから、そりゃ冒険者になろうと成功するに決まってますよ。その上に意味不明の謎威力の魔法まで使ってますからね~。使徒のお二人の存在感霞みますね~。というかもう既に完全に空気ですね。
召喚を実行した魔術師10人の命と魔力を使徒に注いで召喚するはずが、魔力切れになっただけで誰も死なずに済んだ…というのがサラッと語られてたけど、これ絶対主人公が紛れ込んだせいですよね~。この先でそのあたりの解説があるのかどうかは知りませんが。

召喚主の国王は案外マトモな感性持った人で巻き込んでしまった主人公にも(下心はあるけど)礼を尽くそうとしていたし、お城の兵士や魔術士の皆さんも大体良い人でしたね。兵士の某教官だけはまぁ…色々な意味でアレな人でしたけど(笑)「生きていれば死んでないから問題ない」が座右の銘って(笑)至言ですわ(大笑)
城で世話役に宛がわれた神官一人だけが教会の思惑で勝手に突っ走って主人公を冷遇して自滅しましたが、主人公、この神官を悪者として自分の自由を保障するために利用する気マンマンでしたからね、相手が悪かったとしか言いようがないですね。

今回は諸々説明と本格的に動き出すための準備という感じで終わったので、物語が動き始めるのは次巻以降かな。

ただこの作品、お城を出るまでの前半の方が、本題に入る(はずの)後半より面白かったんですよ…。

ヒロインとの関わり方も描写不足でイマイチだし、キャンプで培った独自技術や知識の数々を披露してくれるわけでもないし、主人公独自の強力魔法というのも良くも悪くも「よくある話」だし…。本題として紡いでいきたいのは城を出てからの話の方のはずなんですが、そちらに大して魅力を感じられないというのが痛いですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

初めての旅は異世界で 1 (MFブックス) [ 叶 ルル ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/9/14時点)







人気ランキング参加中!

 

金貨1枚で変わる冒険者生活

見習い冒険者として底辺ギリギリの生活をしていたが、腐ることなく薬草採取などで真面目に頑張っていた主人公。そんな彼に、ある日エルフの女性が金貨1枚を差し出す。たった1枚とはいえ、これまで手にしたことのなかった大金に対して主人公が選んだのは「冒険者として最低限の装備を調える」という使い道だった。主人公の選択を評価したエルフ女性は師匠として彼の冒険者生活を支援してくれることになるが…

というわけで、底辺生活でも真面目に冒険者見習いしてた主人公が金貨1枚を元手に成り上がる話。
成り上がるといっても、これまでの真摯な生活ぶりを見てくれていた人達に親切にされて武器防具を安値で融通してもらう程度ですが。急に凄い能力や魔法に目覚めるわけではなく、自分でコツコツ努力して少しずつ強くなっていく所が好感が持てます。

ダンジョンで出会い、成行きでコンビを組んだ未来の凄腕魔法士(自称)と友情を育んでいくのも微笑ましくて良いですね。魔法士くんの無意味にポジティブな性格は結構好きです。このまま真っ直ぐ伸びていって欲しい。
ただ、主人公を「未来の婿に」と望み、とりあえず師匠ポジに収まったエルフさんはあんまりキャラが立っていないというか…主人公にとって恩人ではあるけど、ヒロイン的な魅力は無いですね。ラストで出てきたダークエルフの神官(多分三人目のパーティメンバー)の方がヒロインぽい感じになりそうな予感。





人気ランキング参加中!

 

最強陰陽師の異世界転生記

平安時代、最強の名をほしいままにしていた陰陽師だったが、弟子の裏切りで死んだ主人公。仕掛けておいた転生の術で新たな生を得たが、転生先はまさかの異世界だった。魔法の名門と言われる伯爵家の妾腹として産まれた主人公は魔力無しと判定され見下されるが、前世仕込みの陰陽術は健在。陰陽術を魔法に偽装して魔法学園に入学することに成功する。前世、数の力に負けた主人公は今世では「自分が最強」ではなく「最強と呼ばれる存在の取り巻き」というポジションを手に入れて安楽な人生を送ろうと決意していた。魔法学園で「最強」にうってつけの勇者の力を秘めた存在を見つけた主人公は、何とか彼女に近付こうとするが…

というわけで、異世界の法則とは違う能力を駆使する陰陽師がこっそり無双している話。ヒトガタを使った符術とか、多彩な術が楽しいです。

何というか、考え方の根底が人命軽視というか…人を殺そうが陥れようが全然気にしない主人公ですね。生まれが平安時代の人なので、当時の感性としては普通だったんでしょうが。

陰陽師とか陰陽術とかいう存在がこの世界で全く認知されていないというのは当然ですが結構なアドバンテージですね。敵陣営である魔族側にとっても理解の外側にある技能だから対処されない…というか対処方法が知られていませんからね。対して主人公はこの世界の通常の魔法についても普通に学べるので、そりゃ一方的な展開にもなるわなぁという感じです。
ただ主人公、意外と詰めが甘いというか、決して善人ではないけど憎めないところがあるんですよね。前世今世通して「普通の友人」というものが出来たことがないから距離の詰め方が分からない、とか(笑) このあたりのバランスが結構好きです。

学園側も魔族陣営も色々裏で動いているようだけど、主人公の力の秘密が解き明かせる日が来る…気はしないけど(笑)、とりあえず今後も期待。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最強陰陽師の異世界転生記 [ 小鈴危一 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/9/10時点)






人気ランキング参加中!

 

恋に生きる転生令嬢

生まれつき自分が異世界に転生したことは分かっていたが、特に気にせずのんびり過ごしていた主人公。学園入学を機に、自分が転生したのが前世で妹がプレイしていた乙女ゲームの世界だと気付くが、自分ではプレイしていなかった主人公には攻略対象もイベントも解らない。そんなことより入学式で一目惚れした相手に夢中の主人公はせっせとアプローチに励んでいたが、何故か攻略対象達が次々に迫ってきて…

というわけで、乙女ゲーム世界に転生したけどシナリオそっちのけで自分の恋に走っている話。面白かったです。主人公は妄想と思いこみが激しくて周囲を見ずに突っ走るけど性格可愛いのでOKです。無意識に自分からフラグ立てては片っ端から折ってる姿が笑えますね。
あと転生者多すぎ(笑) 主人公の幸せな生活の裏側には彼女を愛する友人その他の温かい裏工作があったのですね(笑)
というか主人公のお母様ナイスすぎるキャラなので、彼女の早期退場の未来を回避してくれた友人転生者に感謝ですね。主人公はそういうの全然知りませんけど。主人公はそもそもこの乙女ゲームを知らないので運命が変わったことに全然気付かないのも仕方ないところですね。

それにしても、誰が見ても解りやすすぎる主人公の恋心に全く気付かないウザすぎナルシストな王太子が本当に苛々します。さっさと真実に気付いて欲しい。
ゲームでは悪役令嬢だけど、本人がプレイしたことが無いためその事実に気付いていない主人公…の代わりに(?)典型的な悪役令嬢ポジについてしまったアリアナ嬢についてはちょっと気の毒ではあるんですが、彼女ももう少し冷静に見ていれば、主人公が王太子なんて歯牙にもかけてなくてサレオス一筋なのは簡単に分かったと思うんだ…。取り巻きの皆さんも指摘してあげなよ~という感じなので、やっぱり彼女の破滅は自業自得ですよね…。何もしなければ王太子の婚約者は彼女で決まりのはずだったのに。というか彼女については父親が「何もしないでおとなしくしてれば婚約者になれるよ」と一言教えてあげるだけで、こんな致命的な事件を引き起こすことも無かっただろうにと思わざるを得ない。お父様、内心で考えてるだけじゃなくて、ちゃんと本人に言ってあげようよ…。

どうでもいいけど主人公、いくらストーリーを知らないにしても悪役令嬢の破滅フラグ折りまくりどころかヒロインイベント起こしまくってヒロインルートをまっしぐらに突っ走っているのはなんででしょうね。ゲームヒロイン、もっと頑張れよ…て、彼女やる気ないから無理か(笑)





人気ランキング参加中!

 

呼び出した召喚獣が強すぎる件

圧倒的人気で入手困難なVRMMOゲームを運良く手に入れた主人公。不人気職の召喚士を選択した主人公だが、チュートリアル的な最初の召喚でエンシェントドラゴンという伝説級のレアキャラを手に入れて…

というわけで、ただゲームしてるだけの話。
なにげに最初の方にある一文に衝撃を受けました。この人、ゲームするために一週間も会社休み取ったんだ…!よく許可してもらえましたね。ホワイト企業ですね。
…それはさておき、タイトルからいけば「規格外に強力な召喚獣を手に入れた主人公が周りのレベルを置き去りにした快進撃をする話」っぽいんですが…実際、隠しイベントぽい「ピクシーの村を守れ」ミッションの時あたりまではそんな空気だったんですが…蓋を開けてみればヒロイン枠のソロプレイヤーの方が主人公+ドラゴンのペアよりずっと強かったというね!「ヒロインが強すぎる件」というタイトルの方が正解ですね!

物語的にはラストでようやくヒロイン(仮)とフレンド登録に漕ぎつけ、最初の公式イベントの告知が出た段階なので序盤も序盤、まだ本格的にゲームが始まってもいないに等しい段階みたいなんですが、この先の方向性はどうなるのかな…。
運営サイドではドラゴン召喚やらヒロイン強すぎやらの現状をどう思ってるのかとか、裏事情が分かるようなエピソードが挿入されるとそれなりに面白くなりそうなんですが、所詮ゲームしてるだけなので内容も薄いし、主人公の行動も斜め上というほどブッ飛んでいるわけじゃないし、圧倒的に強いのもヒロインの方…とくると、この先も楽しみ!と思うほどの魅力には乏しい気がします。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

呼び出した召喚獣が強すぎる件(1巻) [ しのこ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)






人気ランキング参加中!

 

記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
おすすめポイントサイト
「貼るだけ」参加中!
楽天市場
ギャラリー
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ハローキティスマイル に行ってきた
  • ライブドアブログ