夕月堂 ~本とお菓子と時々旅行

夕月堂へようこそ。本・グルメ・旅・好きなもの色々気の向くままに綴っています。

読書

ヒロイン?聖女?いいえ、オールワークスメイドです(誇)!

飛行機事故で異世界に転生した主人公。この世界なら幼い頃から憧れていた「本物のメイド」になれる!母の死後、主人公に残された手紙でメイドになる夢を後押ししてもらった主人公は亡き母に「世界一のメイドになる」と誓う。その瞬間、謎の声と共に膨大な魔力に目覚めたけど、その魔力に振り回されることもなく「メイド魔法」として昇華してしまった主人公は、王都に出て貧乏貴族のたった一人の使用人として八面六臂の大活躍。充実したメイドライフを楽しんでいた。…その頃、この国の王太子と婚約者候補の侯爵令嬢は「ヒロインが現れない!」と焦っていた。実はこの世界はとある乙女ゲームの世界で、二人は主人公と同じ転生者。ヒロインが恋によって聖女の魔力に目覚めないと、いずれ復活する魔王が倒せないのだが…

というわけで、乙女ゲーム世界に転生したけど、そうとは知らない主人公が聖女の力をメイド業務に極振りしてひたすら業務に邁進していたら勝手に色々上手くいっちゃう話。
面白かったです。軽快にツッコミまくる地の文がいい仕事してます(笑)

「メイド魔法」と言ったら何でも許されると思うなよと言いたくなるくらい何でもアリの魔法と、それによって幸せになっていく元・貧乏貴族令嬢との交流も微笑ましい♡
ダンスシーンの挿絵は二人の見分けが付かないという意味で残念すぎる出来映えでしたが!折角の美麗シーンだったのに…。

あと、攻略対象その1である王太子と悪役令嬢ポジの転生者二人が「万一のバッドエンド対策」として色々小細工していたせいで、そもそもの最初からシナリオが狂っていたというオチもナイス。
主人公のブッ飛び行動がシナリオ破壊の主原因(王子達は気付いてません)とはいえ、自分達二人のシナリオ無視っぷりも大概だったことにラストまで気付いてなかったとか(笑) 実際には”ヒロイン”はちゃんと現れていたし、ゲームを知らないせいで「敢えて」フラグを折る、または立てるという行動は取らなかったからヒロインイベントもちゃんと起きてたんですけどね。肝心の主人公がメイドに徹するあまり、生来の目立つ容姿を地味に変更していたことに気付かなかったのが敗因ですね。”恋愛以外の要素でも聖女の魔力は覚醒する”という可能性をカケラも考えていなかったのも敗因かもですが。やっぱり王子&侯爵令嬢コンビは頭がゲーム脳すぎたというか、根本的な考え方が子供なんですよね…。

まぁこの先”ヒロイン”が現れなくても「自分達の行動が原因だから」と勝手に納得して、執拗に”ヒロイン”を探すようなことはもうしないだろうから、結果として主人公の幸せなメイドライフは守られそうですね。
というか、主人公が「ヒロイン」であることに王子達が気付いていたら彼女にシナリオを遵守させようとして色々困った展開になっていたかも。変に出会ったりしなかったせいでゲームなんか目じゃないくらい平和なハッピーエンド展開になったんだから結果オーライ!


この作品、どこが一番共感したかって、王子と令嬢の転生者コンビに対する評価です。
”前世と今世、トータル32歳だから大人、というわけではない。子供時代を二回経験したって子供の経験しか詰めない。大人としての経験を通してしか大人にはなれないのだ。つまりこの二人は前世も今世も子供でしかない”
…というところ。
ですよね!
大人になってから経験することって子供時代とは全然違うんですよ!価値観も大きく変わるし、子供時代って世界が狭かったんだなと実感しますからね。庇護者に守られた子供時代を何回繰り返そうと、大人として過ごす一回の経験には敵わないですよ…。この辺り、転生もので違和感を感じる作品が多いから、サクっと言及してくれてなんかスッキリしました。

鑑定士(仮)の方は絶賛更新停止中でweb連載再開の見込みも書籍続巻の見込みも完全に未知数ですが、こちらはこの一冊で綺麗に完結。
…と思ったら、
エピローグという名のプロローグ?
物語はまだ始まったばかり?
…いや止めようよ、そういうの!これで完結、でいいじゃん!綺麗に纏まってるよ!
というか、鑑定士(仮)の例があるから変に続きそうな気配出さない方がいいと思う!


同じ作者の別作品 → 最強の職業は勇者でも賢者でもなく鑑定士(仮)らしいですよ?



人気ランキング参加中!

 

転生賢者の異世界ライフ 5

30分で読めちゃうお手軽エンタ、略称「いつものやつ」、第5巻。これはスライムが可愛い方のやつです。スライム達は相変わらずチョロ可愛い(*^-^*) そして今回はついに20分で読了可能に!変な方向に進化してますね(笑)

今回は一応ちょこちょことバトルを挟んで、お約束の「え、あの魔物を一人で倒したの!?」のターンをやったり、従魔用の防具が完成して従魔に転送した魔法が更にアホみたいな威力になったり、スライム運搬用に空飛ぶ仲間を増やしたりスライムを更に増やしたりしています。ちなみに空飛ぶ仲間はスライムと思考回路がソックリな、スライムと共生関係にある鳥です。例によってスライムの軽~い勧誘にアッサリ引っかかるチョロい奴です。お約束。

内容はいつも通り薄っすらスカスカですが、それでも何だかんだで話は進み、敵組織「救済の蒼月」の目的がぼんやり見えてきました。そろそろ大詰めでしょうか?


4巻はコチラ

同じ作者の別作品→ 異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする
        → 異世界賢者の転生無双
        → 異世界転生で賢者になって冒険者生活~【魔法改良】で異世界最強~
        → 暗殺スキルで異世界最強



人気ランキング参加中!

 

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ 2

植物という一見地味な魔法適性のせいで実家は追放されたけど、辺境領地で凄い人達に囲まれて幸せなスローライフしている話、第2巻。
今回は希少種族な住民が更に増えたり新しい料理やお菓子や入浴剤を作ったり意外な種族の交易相手が増えたり遊び場を作ったりしています。

周囲に女の子がどんどん増えてハーレムの様相になってきてますね…。一応今のところは誰とも一定以上の仲にはなってませんが、女の子側は揃ってその気になっているようです。…この要素いらんわ~…。主人公は幼馴染ヒロイン一途でいいじゃない。
あ、ちなみに前巻ラストで思わせぶりに引きが入ってましたが、これは結局「ものすごい長寿になる世界樹の実をうっかり食べさせちゃって、主人公共々妹とヒロインも人間やめちゃったかも」という話だったみたいです。ほらやっぱり大した事件じゃなかった。周囲がみんな「良かったじゃん。私も長寿種族だし」みたいな反応なので悩むほどのことはなかった模様です。


ショートストーリーの連続で構成されているので「物語」というより「単発エピソードの連続」というスタイルの本作ですが、主人公の能力説明から追放、辺境で生活基盤を整えて…という流れのあった前巻に比べて物語としての新鮮味が薄れていて、「読ませる」力に欠ける感じになってしまいました。
小さなエピソードの連続だからこそ、どこで読むのをやめても差し支えないわけで…そこを越えて”読ませる”ためには起こる事件の独自性やキャラクターの魅力がないと。”ほのぼの”だけでは弱いです。
この作品の場合、人物にも話にも惹きつけられる魅力が乏しいのが弱点ですね。ほのぼの…だけじゃない!と思わせる、何かひと押しが足りない感じです。

スローライフが悪いわけじゃないんですが、こうも同じようなエピソードだけしか見せてもらえないんじゃ、もういいやって気分になってしまいます。
1巻の時点では割と好印象な作品だったので、2巻の出来映えにはちょっとガッカリ…。多分続きはもう読みません。


1巻はコチラ




人気ランキング参加中!

 

追放された勇者の盾は、隠者の犬になりました。2

色々規格外なのに自己評価低めの主人公が、もっと規格外な隠者に保護されて互いに支え合う関係になる話、第2巻。
今回は沙漠の家が爆破されてしまって引っ越し先を探したり、採取目的で入った何てことの無いはずだった迷宮探索で「魔王の痕跡」を発見しちゃったりそれで大ピンチになったりしてます。なにげに呪いの本が大活躍!コイツ有能でイイ奴だな…呪い本ですが!そして隠者のお兄さんが主人公に名前をプレゼントした…だけだと思ったら求愛までしちゃってたよ!という怒涛の衝撃展開で本編の幕を閉じたわけですが…、まさかそれ以上の衝撃が巻末書き下ろしに待っていようとは。

そう、今回一番の注目はなんといっても巻末の書き下ろしなんですよ!
作者自ら「衝撃の短編」とか言っちゃうだけあって、本当に衝撃…!
まさか…
勇者が聖剣に乗っ取られていたとは!

時々主人公が勇者のことを「最初は良い奴だったんだ」と語ってて、どんだけお人好し!と思っていたんですが、彼女の語る”バカで脳天気で、でも誠実で憎めない”という人格が本来の姿だったんですね…!物語の最初の、パーティからの追放劇が、”聖剣”の悪意から主人公を逃がすために本来の勇者の人格が出来た精一杯の行動の結果だったとは…切ない。
こうなってくると、今まで「さっさとザマァされて痛い目見ると良いよ」としか思っていなかった勇者君をなんとか助けてあげたくなる!

これまでは主人公は隠者のお兄さんと幸せになって穏やかな生活を送れるようになれば良いと思っていたんですが、ここに来て根底から引っくり返された気分です。
後書きによればweb版ではもう完結しているみたいなので、書籍でも次か、その次の巻くらいで完結を迎えるのかな?これは目が離せない!



1巻はコチラ




人気ランキング参加中!

  

悪役令嬢はスローライフをエンジョイしたい!

婚約者である王太子から謂れのない罪で婚約破棄された主人公。だが彼女は嬉々としてそれを受け入れる。何故なら、乙女ゲームの悪役令嬢に転生したと気付いた幼い頃から婚約破棄に備え準備万端整えていたから!王妃教育のかたわら偽名で冒険者活動に勤しみSランクまで昇りつめ、小さな農場も買って生活基盤も整えてあるし、冤罪を証明するアリバイも完璧。王家からの慰謝料もバッチリ請求した主人公は念願のスローライフを開始する。元婚約者の弟である第二王子が監視と称して押しかけてきたものの、居るなら働けと共に農場の整備に勤しむうち、徐々に気心も知れるようになっていった。そんな折、ゲームヒロインと王太子が実はダンジョンで呪いにかかっていたと分かって…

というわけで、定番の悪役令嬢転生したのでざまぁしたら色々予想外のことが起きた話。
第二王子は最初は鼻持ちならない感じだったけど、呪いの影響が抜けてからはわんこっぽくてなんか憎めない感じになりました(笑) 元婚約者がどうしようもないクズ男に成り下がってるだけに弟が三割増しで良く見えちゃいますね。

展開そのものはド定番でしたが、ラストは友達以上恋人未満な感じのまま終了でした。恋愛を求める人には若干物足りないエンディングだと思いますが、私としてはこれくらいの関係性が良いと思いますね。
というか、主人公、せっかく貴族のしがらみから解放されたのに第二王子とうまくいっちゃうとまた貴族社会に逆戻りですよ?王太子がやらかしたせいで第二王子が繰り上げ王太子になっちゃってるから、もし彼と結婚となると王妃様ですが…主人公の性格的に王妃よりいち民間人としてスローライフしてる方が幸せそうなんですよね。王妃としても有能そうだから王家は離したくないでしょうが…王家は先王含め腐った人間だらけだから、この王家の利になるようなことはしないで欲しいという思いもあります。主人公の実家、戦闘力バツグンすぎるチート家系なんだからもっと王家を”教育”しないと!(笑)

まぁ この先はご自由にご想像下さい、というエンドなので…それぞれの読者の中で幸せな未来を描いてあげればいいですよね!





人気ランキング参加中!

 

記事検索
忍者Admax


初心者にもおススメ!タグを貼るだけの簡単アフィリエイト!登録はコチラから↓↓
人気ランキング参加中!よろしければポチっと
PR
楽天市場
ギャラリー
  • 遠出はできないけどお花見したい
  • 遠出はできないけどお花見したい
  • 遠出はできないけどお花見したい
  • 遠出はできないけどお花見したい
  • グリコのプッチンプリン やさしい甘さバージョン!
  • スレイヤーズ30周年!SLAYERS MEGUMIXXX 買ったよ!
  • スレイヤーズ30周年!SLAYERS MEGUMIXXX 買ったよ!
  • KALDIのコーヒーホイップクリーム、買ってみた
  • こがね家の 米粉ミルクチョコレート
  • ライブドアブログ