ウチの地域はゴミ袋の指定が無いのでスーパーの袋でもなんでも使って良かったのですが、ついに2年後から有料の指定袋が導入されることに…。
というわけで、少しでも減量するべく生ゴミ処理機を買ってみました。

実は以前にも生ゴミ処理機は使用していたんです。パナソニックの高性能のお高いやつ。乾燥破砕タイプで、ゴミの量は激減するし操作は簡単だし手入れも楽だし消耗品なんかの追加コストも発生しないし文句なし!特に年末年始の ”ゴミが増えるのに回収が来ない”時期を安心して過ごせるのがお気に入り!
…だったんですが、3年くらいで故障してしまって…。

何度か「また買おうか」という話は出たんですが、なにしろ結構なお値段です。最初に購入した時は自治体から半額助成があったので購入に踏み切りやすかったのですが、現在地元の自治体では助成を行っていないので全額自己負担です。

なので今回は「そんなに高性能じゃなくていいから安いやつ」というコンセプトで探してみました。
候補は2つ。パリパリキューブというコンパクトタイプと、エアドライという温風を使わず電気代が安いというタイプ。

で、選んだのがこちら。
IMG_4869
エアドライ。
思っていたよりデカくてちょっとビビりました(笑)
生ゴミを入れる容器は赤いのと緑の、二つがセットになっています。食品乾燥機として使ってドライフルーツなんかを作ることも出来るので、色で食品とゴミを使い分けるといいよ♪ という狙いみたい。
…それならフタも二つ入れてくれ(笑)

思った以上に単純な構造になっていたので、前回のようにすぐ故障してしまうことは無さそう、かな?
早速使ってみましたが、気になっていた音の大きさは「換気扇より少し大きいかな」程度だったので、台所の片隅に置いてリビングにいる分にはほとんど気になりませんでした。良かった(^-^)
臭いも大丈夫そうです。

温風ではなく単なる風で乾燥させるタイプなので処理時間は長めだけど、その分本体価格も電気代も安い、というのがセールスポイント。破砕しないから劇的にカサが減るということはないけど確実に軽くはなるし、寝ている間に使えば処理時間も気にならないでしょ…と思っていたんですが、オートストップではないということだけは誤算でした(苦笑) 実物を見た時に単純な仕組みだとは思ったけど、オンオフも完全手動だったかぁ…。

まあそこらへんは使い方の工夫でどうにでもできると思うので、今後の活躍に期待します(^^♪





人気ブログランキング参加中!